このページの先頭です

大黒ふ頭客船ターミナルが完成しました!

~クイーン・エリザベスは大きかった!!~

最終更新日 2019年4月26日

みなさんこんにちは、鶴見区長の森です。
鶴見区にとって嬉しいニュースをお伝えします!
4月19日、鶴見区の大黒ふ頭に大型客船が停泊できる新たなターミナルが完成しました。
そしてグランド・オープンを飾ったのは、あの美しき客船クイーン・エリザベスでした。
私もターミナル完成式典に参加してまいりましたので、その様子をお伝えします。

まず完成した大黒ふ頭客船ターミナルですが、最近の客船は超大型化が進み、ベイブリッジをくぐれない船も多くなってきました。そこで、ベイブリッジの手前にある、鶴見区の大黒ふ頭にターミナルを設け、ここから出入国ができるようにしたものです。
このターミナルはCIQ棟【Customs(税関))、Immigration(出入国管理)、Quaratine(検疫)】、待合棟からなる約5,000㎡の施設です。
現在約700mの客船対応岸壁は将来1,030mまで整備され、超大型客船が2隻同時着岸できるようになります。

大黒ふ頭ターミナル


完成式典には、林横浜市長、松本横浜市会議長、横浜商工会議所会頭、横浜港振興協会会長、駐日英国大使、クイーン・エリザベス船長、鶴見区からは石川自治連合会会長などが参加し、お互いに記念品を交換しました。ちなみに、石川会長からQEに贈ったのは鶴見区名産のキリンビールでした。

華やかな式典が終了した後には、客船内部の見学です。
今回のクイーン・エリザベスは全長294m、客室数は1,000を超えています。
ほぼ、ランドマークタワーを横に寝かしたサイズ、と思っていただければその大きさがわかるかと思います。
内部は木材をふんだんに使った豪華な仕様です。
英国客船らしくパブが多くあり、また素敵な図書館、ブティックなどもあります。
プール、フィットネスジム、大きなレストラン、そして劇場、ホールなどなど、まさに動くホテルそのものでした。
興味のあるお値段は、行先にもより異なりますが7泊8日で安いものは20万円程度から、高い部屋では120万円程度だそうです。
ん~、まずは宝くじ売り場に並ぶところから始めたいと思います。。。


平成31年4月 鶴見区長 森健二

このページへのお問合せ

鶴見区総務部区政推進課

電話:045-510-1680

電話:045-510-1680

ファクス:045-510-1891

メールアドレス:tr-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:222-385-189

先頭に戻る