このページの先頭です

福祉 よくある質問

最終更新日 2018年10月19日

Q
指定難病(特定疾患)とは。
A

原因不明で治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち、厚生労働大臣が定める疾病を、「指定難病」といいます。
指定難病については、治療が極めて困難であり、かつ、その医療費も高額に及ぶため、患者さんの医療費の負担軽減を目的として、一定の認定基準を満たしている方に対して、その治療に係る医療費の一部を助成しています。
平成26年12月31日までは56種類の難病(特定疾患)に対して医療費の助成が行われていましたが、平成27年1月1日から新たに法律が施行されたことに伴い、現在は331種類の疾病が対象となっています。
医療費の支給には、申請の上認定される必要があります。
【回答担当】
高齢・障害支援課 高齢・障害係 電話:045-866-8429 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
特定医療費(指定難病)医療費助成制度の申請はどのようにすればいいですか。
A

申請書様式を区役所高齢・障害支援課で受け取り、必要書類を添えて提出してください。
詳細は横浜市健康福祉局のページに掲載されています。

<申請に必要な書類> ※1~3は全員必要、4以降は該当者のみ
1 特定医療費支給認定申請書(新規用)
2 臨床調査個人票(診断書)
3 患者さんと、支給認定基準世帯員の公的医療保険の被保険者証のコピー

4 支給認定基準世帯員の市町村民税の課税状況の確認書類
(患者さんが加入している公的医療保険の種類により異なります)
5 障害基礎年金その他の給付金にかかる証明書類
6 軽症高額該当基準に該当する場合、その証明書類
※ 上記のほかにも書類をご用意いただく場合がありますので、詳細はお問い合わせください。

区役所で受付した申請書類は、その後健康福祉局へ回送し、専門医による審査が行われます。
審査の結果、認定された場合は「特定医療費(指定難病)医療受給者証」が健康福祉局から発行され、不認定となった場合は理由を記載した「不認定通知」が送付されます。
申請から受給者証発行まで、3~4か月程度かかります。
【回答担当】
高齢・障害支援課 高齢・障害係 電話:045-866-8429 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
地域ケアプラザとはどのような施設ですか。
A

住み慣れた地域で皆さんが健康で安心した生活ができるように、福祉・保健サービス等を身近な場所で総合的に提供し、どなたにでもご利用できる、地域のみなさんの施設です。戸塚区内には11か所設置されています。
【回答担当】
福祉保健課 運営企画係 電話:045-866-8424 FAX:045-865-3963

よくある質問トップへ

Q
地域包括支援センターとはどのような施設ですか。
A

1 介護予防をすすめています。
(要支援1・2の方や予防が必要な方に対して介護予防ケアプランを作成します。)
2 さまざまな相談に対応しています。
(高齢者に関する在宅介護や生活全般についての相談に応じます。)
3 高齢者の権利を守ります。
(高齢者の虐待防止、悪質な訪問販売による被害防止などの権利擁護を行います。)
4 充実したサービスを提供するため支援します。
(ケアマネジャーや医療機関など、関係機関との調整・連携をすすめます。)
戸塚区内では11か所の地域ケアプラザに設置しています。
【回答担当】
高齢・障害支援課 高齢者支援担当 電話:045-866-8439 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
特別養護老人ホームに入所したいのですが。
A

寝たきり又は認知症のために常に介護を必要とする方で、在宅で介護を受けることが難しい方が対象です。
入所申込は「特別養護老人ホーム入所申込受付センター」で受け付けます。戸塚区役所高齢・障害支援課、区内地域ケアプラザ等で配布している申込書にご記入の上、郵送でお申し込みください。
【回答担当】
高齢・障害支援課 高齢者支援担当 電話:045-866-8439 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
高齢者のための施設にはどのようなものがありますか。
A

上記の「特別養護老人ホーム」のほかに、常に介護を必要としてはいないが、環境上、経済的理由で居宅において養護を受けることが困難な、原則65歳以上の方が対象の「養護老人ホーム」、60歳以上で身寄りのない方、事情により家族との同居が難しい方が対象となる「軽費老人ホーム」などがあります。入所方法その他につきましては、高齢者支援担当(電話:866-8439)にお問い合わせください。
【参考】リンクイメージ「高齢者のための施設の案内」(健康福祉局のホームページ)
【回答担当】
高齢・障害支援課 高齢者支援担当 電話:045-866-8439 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
高齢者の介護相談について。
A

40歳以上で生活習慣病や認知症などで療養中の方、ひとり暮らしや閉じこもりがちな方、寝たきりの方などに対して、社会福祉職・保健師職等が療養生活相談を行っています。区役所高齢・障害支援課相談窓口のほか、区内の地域包括支援センターでもご相談に応じています。
【回答担当】
高齢・障害支援課 高齢者支援担当 電話:045-866-8439 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
成年後見制度とはどのような制度ですか。
A

認知症・知的障害・精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々を保護し、財産管理やご本人に必要な契約などの支援を行う制度です。
成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度があります。法定後見制度には「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、判断能力の程度などご本人の事情に応じて制度を選べるようになっています。詳しくは、高齢者支援担当(電話:866-8439)にお問い合わせください。
【回答担当】
高齢・障害支援課 高齢者支援担当 電話:045-866-8439 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
私は身体障害者手帳がとれますか。
A

身体障害に該当するかどうかは、指定医師の診断書をもとに、横浜市障害者更生相談所で認定を行っています。まずは、指定医師の確認が必要ですので区役所高齢・障害支援課(18歳未満は区役所こども家庭支援課)にご相談ください。
【回答担当】
高齢・障害支援課 障害者支援担当 電話:045-866-8463 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
身体障害者手帳を取得したいのですが、手続きはどのようにすればいいですか。
A

障害の種別ごとに所定の診断書がありますので、区役所高齢・障害支援課(18歳未満は区役所こども家庭支援課)にお越しください。
診断書を書くことができるのは、身体障害者福祉法に基づく指定医師です。診断書がそろったら、ご本人の写真(縦4cm・横3cm)を1枚とマイナンバーのわかるものを添えて区役所高齢・障害支援課(18歳未満は区役所こども家庭支援課)にお越しください。
「診断書様式」は、横浜市のホームページから入手することもできます。
【回答担当】
高齢・障害支援課 障害者支援担当 電話:045-866-8463 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
市外から転入しました。身体障害者手帳の手続きが必要ですか。
A

転入先の区役所高齢・障害支援課(18歳未満は区役所こども家庭支援課)で手続きをしてください。現在お持ちの身体障害者手帳が必要です。
【回答担当】
高齢・障害支援課 障害者支援担当 電話:045-866-8463 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
市外へ転出します。身体障害者手帳の手続きが必要ですか。
A

転出先の市区町村役場で手続きをしてください。なお、利用している制度によっては戸塚区役所でのお手続きが必要な場合がありますので、事前にご確認ください。
詳しくはお問い合わせください。
【回答担当】
18歳以上の方は、高齢・障害支援課 障害者支援担当 電話:045-866-8463 FAX:045-881-1755
18歳未満の方は、こども家庭支援課 こども家庭支援担当 電話:045-866-8468 FAX:045-866-8473

よくある質問トップへ

Q
精神科に通院しています。医療費の自己負担が軽減されますか。
A

精神科領域の疾患(統合失調症、うつ病、てんかんなど)のために通院中の方について、医療費の自己負担が1割に軽減される自立支援医療(精神通院)制度があります。所定の診断書(区役所高齢・障害支援課にあります)が必要となります。
詳しくは、横浜市のホームページをご覧ください。

【回答担当】
高齢・障害支援課 障害者支援担当 電話:045-866-8465 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
障害者の(各種)手当はいつ振り込まれますか。
A

振込時期は、おおむね以下のとおりです。

特別児童扶養手当4月・8月・11月
障害児福祉手当2月・5月・8月・11月
特別障害者手当2月・5月・8月・11月

※申請時期等により、上記以外の月になる場合もありますので、詳しくは上記手当の担当にお問い合わせください。

【回答担当】
1及び2については、こども家庭支援課 こども家庭支援担当 電話:045-866-8468 FAX:045-866-8473
3については、高齢・障害支援課 障害者支援担当 電話:045-866-8463 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
介護保険のサービスを利用するにはどうすればいいですか。
A

介護が必要な状態かどうか「要介護認定」を受ける必要があります。
申請窓口は区役所高齢・障害支援課または、お住まいの地域の地域ケアプラザです。
ご本人の被保険者証と印鑑、主治医のお名前や病院名と所在地がわかるものをお持ちください。
※地域ケアプラザは、土曜・日曜・祝日もご利用できます。
(月に一度、施設ごとに休館日あり)

また、自分で手続きができないという方については、居宅介護支援事業者に手続きを代行してもらうこともできます。
【回答担当】
高齢・障害支援課 介護保険担当 電話:045-866-8460 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
介護保険の申請をしたらサービスを受けるためには何をすればいいですか。
A

自宅で利用できるサービス(在宅サービス)を利用するにはケアプランを作ってもらう必要があります。
認定結果が「要支援1・2」の場合は、原則、地域ケアプラザ(地域包括支援センター)へ、「要介護1~5」の場合は、居宅介護支援事業者へ作成を依頼してください。
※ケアプランとは、要介護者等が介護サービスを適切に利用できるよう、心身の状況、生活環境及び利用者(家族)の生活に対する意向を勘案して、サービスの種類、内容、時間、事業者及び援助目標を定めた計画をいいます。
施設に入所するサービス(施設サービス)を利用する場合には、「要介護(1~5)」に認定される必要があります。入所を希望する施設へ相談し、サービス内容等について説明を受け、入所の申込を行います。
【回答担当】
高齢・障害支援課 介護保険担当 電話:045-866-8460 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
要介護認定の結果が出る前に介護保険のサービスを利用したいのですが。
A

ケアプランに基づき要介護認定を申請した日から介護サービスの利用が可能になります。
ただし、認定結果が非該当(自立)の場合や、認定結果とサービス内容が異なる場合、自費となることがありますので、ご注意ください。
認定結果が出る前に利用したい場合は、地域ケアプラザ、あるいは希望する居宅介護支援事業者にご相談ください。
【回答担当】
高齢・障害支援課 介護保険担当 電話:045-866-8460 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

Q
介護保険の事業者を紹介して欲しい。
A

介護サービスを提供する事業者及び施設などの情報は、区役所高齢・障害支援課窓口で区内通所施設、入所施設の位置を示した地図情報や各サービスごとの事業者一覧(事業所名、法人名、住所、電話、FAX番号)などの情報提供を行っています。
また、神奈川県、県下市町村、(社)かながわ福祉サービス振興会が共同開発したインターネット情報提供システム「かながわ福祉情報コミュニティー」などで、個々の事業者情報の提供を行っています。
【参考】リンクイメージ「介護保険事業所・介護保険施設」(戸塚区ホームページ)
【回答担当】
高齢・障害支援課 介護保険担当 電話:045-866-8460 FAX:045-881-1755

よくある質問トップへ

このページへのお問合せ

戸塚区総務部区政推進課

電話:045-866-8321

電話:045-866-8321

ファクス:045-862-3054

メールアドレス:to-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:195-435-623

先頭に戻る