このページの先頭です

第16回 水辺愛護会、ハマロード・サポーター全体交流会が開催されました ~中島 戸塚土木事務所長~

戸塚区長と各部の部長から戸塚区の様々な話題をお届けするコーナーです。ぜひ、ご覧ください。

最終更新日 2019年10月7日

第16回 水辺愛護会、ハマロード・サポーター全体交流会が開催されました
 
 8月23日(金)午後に水辺愛護会、ハマロード・サポーター全体交流会が横浜市開港記念会館 講堂で開催されました。
 「水辺愛護会事業」と「ハマロード・サポーター事業」とは、地域の皆様と協働で、身近な河川・道路の美化や清掃等を行う制度です。自治会や学校、商店街及び地元企業などで構成されたボランティア団体の方が活動されています。
 両事業のさらなる活性化を図ることを目的に、今年度から合同で交流会を開催することとなりました。
 全体交流会では、永年の活動に対する表彰式と、活動に係る課題や創意工夫している点などを共有する事例報告が行われました。
 水辺愛護会では永年表彰として「飯島せせらぎ愛護会」(栄区)ほか3団体と「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰の「和泉川中央水辺愛護会」(泉区)、河川功労者表彰の「いたち川(稲荷の森の水辺)水辺愛護会」(泉区)の方が表彰されました。
 ハマロード・サポーターでは永年表彰として36団体、2年表彰として37団体、寄付企業の方6企業が表彰されました。このうち戸塚区の団体は永年表彰の「谷矢部西町内会」様と2年表彰の「株式会社テイン」様でした。(残念ながら谷矢部西町内会様は当日ご欠席でした)
 株式会社テイン様は上矢部町にある自動車のサスペンションの専門メーカーです。毎日会社周辺の道路を清掃していただいています。また年に二回の草取りも行っていただいています。取締役の那須様のお話によれば、毎日の清掃活動で、近隣の方たちと挨拶を交わす関係ができ、この活動をして大変良かったとおっしゃっていただけました。ありがとうございます。
 第二部の事例報告では、「飯島せせらぎ愛護会」様から活動を長続きさせる秘訣について、またハマロード・サポーターの「高島中央公園愛護会」様と「領家自治会」様からは特徴のある活動について発表していただきました。活動の参考になったのではないかと思います。
 また講演会では「笑顔は健康からやってくる」として座ったままでの健康体操の講演が実技入りで行われました。皆さん笑顔で体操にトライしていました。


令和元年10月3日 戸塚土木事務所長  中 島 高 志

このページへのお問合せ

戸塚区総務部区政推進課

電話:045-866-8321

電話:045-866-8321

ファクス:045-862-3054

メールアドレス:to-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:992-288-119

先頭に戻る