このページの先頭です

第12回 災害に強いまちを目指して!戸塚駅地下施設浸水対策訓練を実施しました ~鈴木副区長~

戸塚区長と各部の部長から戸塚区の様々な話題をお届けするコーナーです。ぜひ、ご覧ください。

最終更新日 2019年8月29日

第12回 災害に強いまちを目指して!戸塚駅地下施設浸水対策訓練を実施しました

 令和元年7月18日、「大雨で柏尾川元町橋の水位が避難判断水位まで上昇した」との想定で、戸塚駅周辺施設が連携して、浸水被害を防止するための戸塚駅地下施設浸水対策訓練を実施しました。
 戸塚区役所の呼びかけに、トツカーナ、ラピスビル、戸塚モディ、JR戸塚駅、市営地下鉄戸塚駅の皆さんが参加して下さったほか、警察署、消防署、土木事務所も加わりました。


参加機関の代表者がJR戸塚駅地下コンコースに集合しました。

 訓練内容は、区役所から各施設への「緊急時情報伝達システム(※)」を使った河川水位情報の受伝達と、各施設に水が流れ込むのを防ぐための出入り口への止水板設置です。
 トツカーナ、ラピスビル前では管理組合や管理会社の方々が、倉庫から止水板と支柱を運び出し、床に埋め込まれた枠板を外して、溝に支柱を立て、止水板をはめ込んでいきました。相当重そうで、声を掛け合いながら慎重に設置していました。地下階段出入り口ではやや時間がかかりましたが、15分ほどで全て設置完了!

止水板の設置の様子

 振り返りでは、「災害に備えて日頃から関係者間でコミュニケーションを取り、定期的に訓練を行うことが大事」「お客様の避難誘導経路の把握が必要」等多くのご意見をいただきました。関係者の皆様、真剣に取り組んでいただきありがとうございました!
 私も、止水板の設置を行った際は関係者同士で素早く連絡を取り合い、止水の状況を共有しながら避難誘導することが非常に重要だと痛感しました。
 今後も関係する皆様のご協力をいただきながら、〝災害に強いまちづくり“に力を入れてまいります。


最後に戸塚消防署から災害対応についてのコメントをいただきました

※緊急情報伝達システムとは・・・

災害等に係る緊急情報(避難情報、特別警報など)をあらかじめ登録した固定電話や携帯電話に
自動音声で一斉にお知らせするシステムです



令和元年8月29日 戸塚区副区長 鈴 木 裕 子

このページへのお問合せ

戸塚区総務部区政推進課

電話:045-866-8321

電話:045-866-8321

ファクス:045-862-3054

メールアドレス:to-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:440-629-048

先頭に戻る