このページの先頭です

未熟児養育医療給付

最終更新日 2018年10月17日

お子さんへの医療費助成

未熟児養育医療給付

● 未熟児養育医療給付制度とは
未熟児が指定養育医療機関に入院した場合の医療費(自己負担分)を公費助成する制度です。
● 対象について
出生時体重が2,000g以下の乳児。
体重にかかわらず、出生時より生活力が特に薄弱で入院が必要な乳児。(医師の判断による)
『小児医療費助成』の申請も必要です。
● 期間について
出生時より退院するまで。(最長1歳の誕生日の前々日まで)
● 病院について
指定病院でないと、この制度は利用できません。指定をうけているかどうか病院にお問い合わせください。
● 自己負担について
医療券が送られてきてから、病院窓口案内で会計をしてください。払い戻しはできません。
保険診療分の自己負担はありません。保険外の医療費(おむつ代、差額ベッド代等)のみ払ってください。
お母さんのお産の費用は養育医療では給付されません。
● 申請について
次の書類等を揃えて、こども家庭支援課へ提出してください。
1.申請書:ご自分で記入してください。
2.世帯調書:ご自分で記入してください。
3.意見書:病院で記入してもらってください。病院名、医師の印鑑を確認してください。
4.所得税額証明書:収入のある世帯員全員について、以下の書類のいずれかが必要になります。(最新のもの)
ア 源泉徴収票(年末調整済みのもの)
イ 確定申告書の写し(税務署受付印のあるもの)
ウ 市県民税課税証明書(最近横浜市に転入された方以外は区役所にて無料で交付を受けられます)
5.健康保険証、マイナンバーがわかるもの、顔写真付きの公的証明書(免許証等):3点とも提出の必要はございませんが、記載事項確認のためご持参ください。
申請後、約3~4週間で医療券を郵送します。
● 問い合わせ先
戸塚区こども家庭支援課(TEL:045-866-8466)

このページへのお問合せ

戸塚区福祉保健センターこども家庭支援課

電話:045-866-8466

電話:045-866-8466

ファクス:045-866-8473

メールアドレス:to-kodomokatei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:274-452-060

先頭に戻る