このページの先頭です

風水害時に開設する避難場所について

風水害時に開設される避難場所について理解していただき、適切な避難行動につなげてください。

最終更新日 2020年8月5日

風水害時に開設する避難場所と地震(市内震度5強以上)で開設する地域防災拠点のちがいについて

風水害時は、災害規模や状況によって開設場所を選定して開設しますので、すべての避難場所を開設するわけではありません。一方、市内で震度5強以上の地震が発生した場合は、区内35か所の地域防災拠点が開設されます。

風水害時に開設する避難場所は、どんな場合に開設するのか

風水害時に開設する避難場所については、今後予測される風雨の強さ、河川の増水のおそれなどを予測して、避難場所を選定して開設しています。
避難する前に、必ず区ホームページ、区ツイッターやテレビ神奈川等(データ放送)で開設されている避難場所を確認してください。
○区HP
https://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/
○区ツイッター
PC https://twitter.com/yokohama_tkk(外部サイト)
携帯 https://mobile.twitter.com/yokohama_ttk(外部サイト)

(参考情報)令和元年台風19号で開設した避難場所
豊田中学校、汲沢中学校、上矢部小学校、倉田小学校、小雀小学校、舞岡地区センター、東俣野小学校、南戸塚小学校、川上小学校、深谷中学校、矢部小学校、東戸塚地区センター

横浜市南部に土砂災害警戒情報が発表された場合に開設する避難場所

土砂災害警戒情報の発表とともに戸塚区役所は対象区域に避難勧告を発令します。対象開設される避難場所は事前に選定している次の4か所を開設します。
・東戸塚地区センター 川上町4-4
・舞岡地区センター  舞岡町3020
・小雀小学校     小雀町1845
・豊田中学校     下倉田町950
参考リンク
市HP 即時避難勧告対象区域一覧
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/wagaya/fusuigai/taifu/20160615135644.html#898A1

風水害時の避難場所へ避難する際の非常用持ち出し品について

風水害時に開設する避難場所では、水・食料・毛布・医薬品などは、避難者の方々に持参していただくことを原則とします。避難する際は、非常用の持ち出し品を用意して持参するようにしましょう。
非常用持ち出し品の例
飲料水、食料(すぐ食べられるもの)、医薬品、タオル、毛布やひざ掛けなど、必要最低限の持ち出し品を用意しておきましょう。
リュックサックなど両手があくものに入れると避難時の持ち出しに便利です。
避難時の持ち出し品は、日頃から準備しすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

分散避難について


避難所の3密を回避するため在宅避難等にご協力ください。             ~皆様の行動の一つひとつが、危険の回避につながります~


チラシのリンク
市HP 風水害時に開設される避難場所について
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/bousai-saigai/wagaya/default20.html

このページへのお問合せ

戸塚区役所総務課危機管理・地域防災担当

電話:045-866-8307

電話:045-866-8307

ファクス:045-881-0241

メールアドレス:to-bousai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:158-482-650

先頭に戻る