このページの先頭です

議長コラム 令和3年3月号

最終更新日 2021年3月1日

皆様、こんにちは。横浜市会議長の横山正人です。
まだまだ肌寒い日が続いておりますが、時折春めいた日差しや風を感じるようにもなりました。

さて、3月11日で東日本大震災の発生から10年が経とうとしております。先月の13日夜、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、横浜でも最大震度4の揺れが観測され、人的被害や一部の地域で停電が発生しました。
本市も大きな被害に見舞われた1923年(大正12年)の関東大震災は、既に多くの方の記憶から遠ざかってしまっております。
いま一度震災への備えをご確認いただけたらと思います。

関東大震災では市内で約3万人の方々が犠牲となり、3,300人以上の身元不明の方々が西区にある久保山墓地に仮埋葬されました。久保山には震災の犠牲者のみならず、明治維新以降の多くの御霊がこの地に眠り、ここ横浜を見守っていらっしゃいます。

実は、横浜市会の礎を築いた初代議長である原善三郎氏もここ久保山に眠っていらっしゃいます。
原善三郎氏は、明治初期に生糸貿易で事業を成され、横浜商工会議所の初代会頭、また横浜市会の初代議長として横浜の発展に大変貢献されました。
私は原氏の命日である2月6日に、横浜商工会議所の上野会頭と原家のご関係者とともに現職の横浜市会議長として、墓前に市庁舎の移転も含め近況のご報告をいたしました。また今コロナ禍という苦難の時代である中、市民の安全・安心、横浜経済の回復とさらなる発展を先人達に見守っていただけるよう心からお祈り申し上げるとともに、我々横浜市会が一丸となり取り組むことをお誓い申し上げてまいりました。
今月はお彼岸でもございますので、ぜひ皆様も、ご自宅等でご先祖様と向き合うお時間を設けてはいかがでしょうか。

さて現在、新型コロナウィルス感染症対策等を含む、令和3年度予算案を審議する第1回市会定例会が3月23日までの会期で開催されています。審議の様子はインターネット中継(外部サイト)でも見ることができますので、是非ご視聴いただけたら幸いです。
それでは来月、市庁舎横を流れる大岡川に花びらが舞う頃お会いしましょう。

このページへのお問合せ

議会局市会事務部秘書広報課

電話:045-671-3040

電話:045-671-3040

ファクス:045-681-7388

メールアドレス:gi-kouhou@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:883-392-596

先頭に戻る