このページの先頭です

公式行事の記録(令和4年3月)

最終更新日 2022年4月1日

令和4年3月29日(火曜日) 相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業及び関連道路事業完成式典

平成14年度の相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業の着手と同時に進めてきた星川駅前広場及び星川停車場線等の関連道路事業が完了し、完成式典が行われました。横浜市会を代表して、 清水議長と髙橋副議長が出席をし、テープカットを行いました。
高架化により踏切渋滞がなくなったことで、踏切事故の解消、消防・救急活動の円滑化、線路で分断されていた南北の地域交流の活性化など、相乗効果が広がっていくと期待されています。

令和4年3月24日(木曜日) 「FLOWER YELL 2027~明日への応援花~」オープニングセレモニー

2027年に横浜で開催される国際園芸博覧会の開幕5年前イベントが実施され、横浜市会を代表して清水議長が出席をしました。清水議長は挨拶の中で、国際園芸博覧会の開催意義と成功へ向けての熱い思いを語りました。
このイベントは新型コロナウイルス感染症の影響により、外出自粛をはじめとした、不自由な暮らしを強いられながらも頑張る皆さまを“花のチカラで応援したい”という思いから開催されました。
会場では、巨大花束をイメージしたオブジェが設置され、「希望」や「前進」の花言葉を持つガーベラなど季節の花が無料配布されました。

令和4年3月22日(火曜日) 令和3年度横浜市功労者表彰式

横浜市政に特に功労のあった方を表彰する横浜市功労者表彰式が市庁舎で行われ、清水議長、髙橋副議長がそろって出席しました。新型コロナウイルスの影響で、3年ぶりの開催となりました。
今年度は、横浜市固定資産評価審査委員(3名)、旭区選挙管理委員会委員(1名)、横浜市会議員(12名)を務められた16名の方が表彰を受けられました。
清水議長は市会を代表して祝辞を述べ、長年にわたり横浜市の発展に御尽力いただいた皆様への感謝の意と、御功績に対する深い敬意を表しました。

令和4年3月17日(木曜日) 令和3年度財務監査結果報告

監査委員(※)から、清水議長、髙橋副議長に「令和3年度監査報告書(財務監査結果報告)」が提出されました。令和3年度の監査結果については、横浜市監査事務局のウェブページに掲載されています。

※横浜市の監査委員
藤野 次雄 代表監査委員(横浜市立大学名誉教授)
高品 彰 監査委員(公認会計士・税理士)
前田 一 監査委員(弁護士)
横山 正人 監査委員(横浜市会議員)
中山 大輔 監査委員(横浜市会議員)

令和4年3月10日(木曜日) ウクライナ侵攻による犠牲者への献花

ロシアによるウクライナ侵攻により犠牲になったウクライナ国民への哀悼と平和への祈りを込めて、横浜市庁舎に献花台と募金箱が設置され、山中市長と共に清水議長と髙橋副議長が献花を行いました。
なお、清水議長は2月25日に、横浜市会は、国連に認定されたピースメッセンジャー都市として、世界の恒久平和に向け、即時の攻撃停止と部隊の撤収、国際法を遵守した誠意ある対応を強く求める旨のコメントを発表しています。

令和4年3月2日(水曜日) 「にっぽん-大使たちの視線2021」写真展のオープニングセレモニー

令和4年3月2日(水曜日)に「にっぽん-大使たちの視線2021」写真展のオープニングセレモニーがみなとみらいギャラリーにおいて行われ、横浜市会を代表して清水議長が出席をしました。
「にっぽん-大使たちの視線」写真展は、毎回設定されるテーマに沿って、各国の大使や外交官が日本の様々な姿を収めた作品を展示する巡回展示企画で、高円宮妃久子殿下が実行委員会の名誉総裁に御就任されています。横浜での開催は今回が5回目となります。
各国の大使や外交官の豊かな感性で、異文化である日本の様々な情景をとらえた写真作品の展示を通じて、市民の国際理解を深める機会を提供するとともに、本市と各国大使館とのネットワークの構築を目的としています。

このページへのお問合せ

議会局市会事務部秘書広報課

電話:045-671-3040

電話:045-671-3040

ファクス:045-681-7388

メールアドレス:gi-kouhou@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:134-934-902

先頭に戻る