このページの先頭です

大久保原縄文遺跡

最終更新日 2019年3月4日

大久保原縄文遺跡の写真

この台地は昔から土器類の破片が発見され、昭和初期にも縄文時代後期の土器の壺が出土しています。
文化庁に登録され、大久保原縄文遺跡と命名されるきっかけとなったのは、昭和52年(1977年)3月、瀬谷区の歴史を知る会により、ここから西約300m2が発掘調査され、縄文時代中後期の土器や5基の後期住居跡が確認されたことによります。現在は埋め戻されています。

白姫神社の写真です。クリックすると白姫神社の説明ページに進みます。
白姫神社

二ツ橋公園・千駄野の写真です。クリックすると二ツ橋公園・千駄野の説明ページに進みます。
二ツ橋公園・千駄野

長屋門公園の写真です。クリックすると長屋門公園の説明ページに進みます。
長屋門公園

熊野神社の写真です。クリックすると熊野神社の説明ページに進みます。
熊野神社

お墓山の写真です。クリックするとお墓山の説明ページに進みます。
お墓山


大久保原縄文遺跡の写真です。クリックすると大久保原縄文遺跡の説明ページに進みます。
大久保原縄文遺跡


写真をクリックするとポイントの説明が見れます

→コースに戻る

このページへのお問合せ

瀬谷区総務部地域振興課

電話:045-367-5691

電話:045-367-5691

ファクス:045-367-4423

メールアドレス:se-chishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:859-637-069

先頭に戻る