このページの先頭です

武相国境(野境道路)

最終更新日 2019年2月28日

武相国境(野境道路)の写真

相模と武蔵の国境を通ることから野境道といわれ、宝永3年(1701年)頃から、江戸と鎌倉を結ぶ間道として利用されていました。
四季を通じて美しい景観のプロムナードで、春には瀬谷高校入口まで続く桜並木が市民に親しまれています。

楽老峰(楽老南公園)の写真です。クリックすると楽老峰(楽老南公園)の説明ページに進みます。
楽老峰(楽老南公園)

武相国境の写真です。クリックすると武相国境の説明ページに進みます。
武相国境

瀬谷市民の森の写真です。クリックすると瀬谷市民の森の説明ページに進みます。
瀬谷市民の森

瀬谷の原の写真です。クリックすると瀬谷の原の説明ページに進みます。
瀬谷の原

諏訪社の写真です。クリックすると諏訪社の説明ページに進みます。
諏訪社


長天寺の写真です。クリックすると長天寺の説明ページに進みます。
長天寺


写真をクリックするとポイントの説明が見れます

→コースに戻る

このページへのお問合せ

瀬谷区総務部地域振興課

電話:045-367-5691

電話:045-367-5691

ファクス:045-367-4423

メールアドレス:se-chishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:183-317-072

先頭に戻る