このページの先頭です

名所・旧跡

最終更新日 2019年2月28日

海軍道路の桜並木の写真

真っ直ぐ伸びた直線道路の長さは約3km。市内で一番長いと言われています。両側には約400本の吉野桜があり、桜並木として有名です。
交通手段:瀬谷駅徒歩8分

地図ページリンク(瀬谷ふるさと歴史さんぽ道のページへ)


二ツ橋地名由来の碑の写真

「しみじみと清き流れの清水川かけわたしたる二ツ橋かな」
慶長18年徳川家康がこの地に休息して詠んだという和歌を記した記念碑があります。

※道光親王詠の和歌については出典となる文献が確認できておりません。

所在地:二ツ上橋交差点際
交通手段:三ツ境駅徒歩10分

地図ページリンク(瀬谷ふるさと歴史さんぽ道のページへ)


日枝社のけやきの写真

樹齢300年以上、高さ40mを誇る大木です。
(横浜市天然記念物・かながわの名木100選)
所在地:本郷1-18-9
交通手段:バス停「本郷」徒歩5分(瀬谷駅発~神奈中バス鶴間駅行き、八幡神社前行き、マークスプリングス行き)

地図ページリンク(瀬谷ふるさと歴史さんぽ道のページへ)


瀬谷銀行跡の写真

明治40年(1907年)小島政五郎が頭取となり県央糸業金融(蚕の銀行)を開業。昭和10年(1935年)鎌倉銀行に合併するまで、地域の発展に寄与しました。当時は養蚕業が盛んで製糸業が多くありました。
所在地:中屋敷1-20-14
交通手段:バス停/中屋敷徒歩6分(瀬谷駅発~神奈中バス鶴間駅行き、八幡神社前行き、マークスプリングス行き)

地図ページリンク(瀬谷ふるさと歴史さんぽ道のページへ)


六道の辻の写真

六つの道が交差する宮沢の辻。その周囲はよく手入れされた畑が広がり、のどかな昔のままの姿が残されています。17世紀の初め上矢部(現在の戸塚区)の農民によって開墾されたと言われています。古地図に「宮沢」の地名が見られます。六道の辻とは仏教でいう、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天上への分かれ道のことです。
交通手段:バス停「宮沢」徒歩5分(三ツ境駅発~相鉄バス宮沢行き)

地図ページリンク(瀬谷ふるさと歴史さんぽ道のページへ)


七福神にダルマ大師を加えた瀬谷八福神。散策コースとして区民に親しまれています。
長天寺・妙光寺(下記「妙光寺の鐘」参照)・善昌寺・徳善寺・宝蔵寺・西福寺・宗川寺・全通院勢至堂

★瀬谷八福神とは?(瀬谷八福神を巡ってみませんか!のページへ)

瀬谷八福神の写真

瀬谷八福神のイラスト


妙光寺の鐘の写真

境内にある鐘楼の銅鐘は鎌倉時代のものです。
(県の重要文化財)
所在地:上瀬谷町8-3
交通手段:バス停「竹村」1分(瀬谷駅発~神奈中バス鶴間駅行き、八幡神社前行き、マークスプリングス行き)

地図ページリンク(瀬谷ふるさと歴史さんぽ道のページへ)
妙光寺「梵鐘(ぼんしょう)の由来」(瀬谷区の民話と昔話のページへ)


このページへのお問合せ

瀬谷区総務部地域振興課

電話:045-367-5691

電話:045-367-5691

ファクス:045-367-4423

メールアドレス:se-chishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:332-283-746

先頭に戻る