このページの先頭です

地域防災拠点について

最終更新日 2019年10月4日

 さわやかな秋晴れの季節となりました。皆さんお元気でお過ごしでしょうか?
 さて、今回は瀬谷区役所重点事業の一つ「防災・減災に向けた災害対策」についてご紹介します。
 横浜市でも、いつ大規模地震が発生するかわかりません。大地震が発生し、皆さんの住居が被害を受けた場合、避難生活の場となるのが、「地域防災拠点」です。
 瀬谷区では、区内15の小・中学校を地域防災拠点に指定しており、秋と冬に運営委員会主催で、避難者の受入れや炊き出し、簡易トイレ設置訓練などを実施しています。
 発災後の避難生活が実際にどのようなものとなるのかを確認するため、地域での顔の見える関係づくりのため、ぜひ防災訓練にご参加ください。
 併せて、この機会に家具の転倒防止や安否確認方法、食料及びトイレパックの備蓄などをご家族でお話していただけると幸いです。

避難者受け入れ訓練の画像
避難者受け入れ訓練の様子

2019年10月4日
瀬谷区長 森 秀毅

このページへのお問合せ

瀬谷区区政推進課広報相談係

電話:045-367-5636

電話:045-367-5636

ファクス:045-365-1170

メールアドレス:se-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:820-186-868

先頭に戻る