このページの先頭です

【新型コロナウイルス感染症】検査で陽性診断を受けた方へのご案内

最終更新日 2021年9月28日

1 療養のための質問票

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方は、
★★★ 療養のための質問票 ★★★(外部サイト) にご回答ください。
※ 下記、二次元コード「療養のための質問票」を読み込んでもご回答いただけます。
※ 療養に関しての詳細は、神奈川県のホームページ(外部サイト)をご覧ください。


自宅・宿泊療養のしおり(表紙)

2 「自宅・療養のしおり」とLINEの登録について

陽性と診断された方は「自宅・療養のしおり」をご一読ください。
※ 詳細は、神奈川県のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

療養中の健康観察はLINEを利用して行います。
LINEを利用中の方は、下記①または②の方法で、神奈川県療養サポートへご登録ください。
 ①LINEで「@kanagawa_corona」をID検索する。
 ②上記二次元コード「神奈川県療養サポート」を読み込む。


初期登録が完了すると1日1回、体調について回答をお願いするメッセージが届きます。(所要時間1分程度)
LINEを使用できない場合、1日1回電話による定期確認を行いますので、必ず応答してください。
※ 応答がない場合、安否確認のため、区職員等が感染予防策をし、直接訪問することもあります。

<参考資料>

3 横浜市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

日ごとに次の事項を公表しています。

記者発表資料(新型コロナウイルス感染症関連)
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/covid-19/

4  神奈川県における療養期間

神奈川県では、最新の学術研究による科学的根拠に基づき、10日間の療養期間の最後の3日間に咳や発熱などの症状がない場合は、PCR検査を行わずに療養終了としています。

5 療養証明書の発行について

 新型コロナウイルス感染症の診断を受け、自宅または宿泊施設での療養を終えた方には、
 「宿泊・自宅療養証明書」を発行することができます。
※療養を終えた場所により申請先が異なります。下記を参照のうえ、ご申請ください。
※証明書発行まで2~3週間かかります。あらかじめご了承ください。

①ご自宅で療養を終えた方

横浜市への申請が必要です。
 療養終了後に 横浜市ホームページから発行申請書をダウンロードして、必要事項をご記入のうえ郵送でお申込みください。
申込先等詳細は、 横浜市ホームページ「3 療養証明書の発行について」をご確認ください。
問合せ:045-671-2463(横浜市役所健康福祉局健康安全課)

②宿泊施設で療養を終えた方

 「療養証明書」の発行を希望される方は、療養期間開始時にお渡ししている冊子「自宅・宿泊療養のしおり」に掲載している「神奈川県療養サポート窓口」までお問い合わせください

6 濃厚接触者について

瀬谷区のHP 【新型コロナウイルス感染症】患者との濃厚接触者について に詳細を掲載しております。
ご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

瀬谷福祉保健センター福祉保健課健康づくり係

電話:045-367-5744

電話:045-367-5744

ファクス:045-365-5718

メールアドレス:se-kansen@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:460-438-233

先頭に戻る