このページの先頭です

飼い犬の登録と狂犬病予防注射

最終更新日 2019年4月4日

 犬の飼い主は、狂犬病予防法により犬を取得した日から30日以内(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日から30日以内)の登録申請と、年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。



登録と狂犬病予防注射に関する手続き

初めて登録される方

窓口にて登録の手続きを行ってください。


持ち物

  • 狂犬病予防注射済証(動物病院で注射を受けた際に発行されます)
  • 手数料3,550円(登録手数料3,000円、狂犬病予防注射済票交付手数料550円)

お渡しするもの

  • 鑑札(鑑札は犬の一生涯有効です)
  • 狂犬病予防注射済票(毎年注射を受ける度に交付を受けてください)
  • 登録袋
  • 門票シール

犬の鑑札

狂犬病予防注射済票
※済票の色は年度毎に変わります


登録手続きの際、その年度の狂犬病予防注射がお済みでない場合は、登録手続きのみ行うこともできます(登録手数料3,000円)。
その場合は、狂犬病予防注射を済ませた後、再度窓口にて手続きが必要です。


既に登録済みで、狂犬病予防注射済票の交付手続きをされる方

窓口にて、済票交付の手続きを行ってください。


持ち物

  • 狂犬病予防注射済証(動物病院で注射を受けた際に発行されます)
  • 三連の「狂犬病予防注射済票交付申請書 兼 登録申請書」(横浜市から毎年度末に送付されます)
  • 手数料550円

お渡しするもの

  • 狂犬病予防注射済票

横浜市の委託を受けた動物病院

横浜市の委託を受けた動物病院では、鑑札・狂犬病予防注射済票の交付を、注射を受けた当日に動物病院で受けることができます。
委託動物病院の一覧は、横浜市から毎年度末に送付されます。ご不明な場合は生活衛生課にお問い合わせください。


狂犬病予防注射出張会場について

毎年4月に、地域の出張会場にて狂犬病予防注射及び狂犬病予防注射済票の交付を行っています(未登録の場合は登録手続きもできます)。
詳しくは、動物愛護センターホームページをご覧ください。



登録内容に変更が生じたとき

飼い主の氏名変更、引っ越しによる住所変更等が生じたときは、登録事項変更の手続きが必要です。


市内で転居するとき

窓口にて「飼い犬の登録事項変更届書」にご記入ください。


市外から市内に転入するとき

以前にお住まいの自治体で交付された鑑札をお持ちの上、窓口にて「飼い犬の登録事項変更届書」にご記入ください。
鑑札を横浜市のものと無償で交換します。
尚、鑑札を紛失された場合は、再交付(手数料1,600円)となりますのでご注意ください。


市内から市外へ転出するとき

転出先の自治体へお問い合わせください。


その他登録内容に変更が生じたとき(飼い主の氏名変更等)

窓口にて「飼い犬の登録事項変更届書」にご記入ください。




飼い犬が死亡したとき

飼い犬が死亡したときは、登録抹消の手続きが必要です。
窓口にて「飼い犬の死亡届書」にご記入ください。電話でも受付けています。




関連ページ

このページへのお問合せ

栄区福祉保健センター生活衛生課

電話:045-894-6967

電話:045-894-6967

ファクス:045-895-1759

メールアドレス:sa-eisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:118-647-000

先頭に戻る