このページの先頭です

本郷台駅前 日米桜交流100周年記念「里帰りの桜」の倒木について

最終更新日 2019年11月20日

日米桜交流100周年を記念して本郷台駅前に植樹し、栄区民から「里帰りの桜」として親しまれてきた桜の木が、令和元年9月8日から9日にかけて発生した台風第15号の影響により、倒木しました。


「里帰りの桜」概要

  • 所在:横浜市栄区小菅ケ谷1丁目1番地 本郷台駅前広場
  • 植樹日:平成25年3月23日

平成31年4月撮影写真
平成31年4月桜満開時の様子

被害の状況

令和元年9月9日未明、強風により幹の根元から折れた桜の木が公道を占拠し、危険な状態であったため、午前3時ごろ栄区役所職員が回収。回収場所が植樹した場所から50mほど離れた公道上であったことから、道路管理の必要上、回収した桜の木を他の木と同様に処分しました。


今後の対応

専門家による診断を踏まえ、復旧に向けた方策を検討していきます。

このページへのお問合せ

栄区総務部区政推進課

電話:045-894-8161

電話:045-894-8161

ファクス:045-894-9127

メールアドレス:sa-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:580-888-154

先頭に戻る