このページの先頭です

西区制70周年記念 西区大好き!魅力再発見 -西区の温故知新-西区のあゆみ

最終更新日 2019年3月5日

西区のあゆみ

西区のあゆみ年表
年号(西暦) 西区の主なできごと  
安政6(1859)年

横浜開港、戸部村願成寺が外国奉行の宿舎になる、芝生村から戸部村まで一直線の道路が開かれる

 
明治元(1868)年

戸部村伊勢山下に神奈川府番所を設置

 
明治3(1870)年 伊勢山皇大神宮が野毛山に遷座し、横浜総鎮守となる。  
明治4(1871)年 高島嘉右衛門:石崎・青木町間鉄道敷地埋立工事竣工  
明治5(1872)年

鉄道開通(新橋~横浜)、鉄道用地外の高島嘉右衛門埋立地を高島町と命名、高島嘉右衛門が伊勢山下に高島学校藍謝堂創立

 
明治6(1873)年 平沼新田に平沼町設置  
明治7(1874)年 久保山共葬墓地設置、伊勢山に金星観測器械設置(注釈1)、戸部3丁目に横浜牧畜会社設立

注釈1:金星観測値
金星が太陽の前面を通過する現象を観測するために、世界各国の天文学者が日本へ渡来。メキシコ隊が横浜の西区宮崎町で観測にあたった。青少年センター前に記念碑が建つ。

明治10(1877)年 高島町にガス燈点火  
明治11(1878)年 高島町海面に共同船着場設置  
明治18(1885)年 相模川水源地~野毛山貯水池の新式水道工事着手  
明治20(1887)年 野毛山貯水池より横浜市街へ配水開始  
明治29(1896)年 横浜電線製造(株)(現:古河電気工業(株))が西平沼町に設立  
明治34(1901)年 平沼停車場の運輸開始  
明治42(1909)年

掃部山で井伊掃部頭銅像除幕式

 
大正2(1913)年 袖ヶ浦が埋立により内海となり、青木町字北・南幸町と命名  
大正3(1914)年 掃部山公園開園(井伊家から市への寄付)  
大正4(1915)年 高島町2丁目に新設横浜停車場開業、麻真田の輸出額が最多となる(横浜港輸出額の2.9%、全国当該品輸出額の62.1%)、旧横浜停車場を桜木町停車場と改称し、平沼停車場を廃止。  
大正6(1917)年 私立尋常燐徳小学校開校  
大正8(1919)年 表高島町(現:高島一・二丁目付近)に県公設浴場(全国に先駆けて)完成  
大正9(1920)年

横浜電線製造(株)が合併して、古河電気工業(株)が発足

 
大正12(1923)年 関東大震災、市庁舎類焼により桜木町の中央職業紹介所が仮庁舎となる。  
大正13(1924)年 平沼町に市営浴場開設、震災殉職者を久保山共葬墓地に合葬・慰霊祭挙行  

大正15/昭和元(1926)年

野毛山公園(一部)開園  
昭和2(1927)年 旧老松小学校跡地に横浜市図書館竣工  
昭和3(1928)年 三代目横浜駅(現在地)完成  

昭和10(1935)年

横浜船渠(株)が三菱重工業(株)に合併  
昭和16(1941)年 真珠湾攻撃、太平洋戦争開戦  
昭和19(1944)年 4月1日 中区から分区し、西区誕生  
昭和20(1945)年 横浜大空襲により大きな被害を受ける  
昭和24(1949)年 野毛山が「日本貿易博覧会」の第一会場になる  
昭和26(1951)年 野毛山動物園・野毛山遊園地開園  
昭和27(1952)年 二代目庁舎(杉山町・現中央1丁目)完成  
昭和29(1954)年 掃部山公園に井伊掃部頭銅像再建  
昭和31(1956)年 横浜駅名品街開業(注釈2)

注釈2:商業施設のオープン
日本全体の高度経済成長にともない、横浜にも次々と商業施設がオープンした。西区では横浜駅西口の開発が急ピッチで進んだ。

昭和32(1957)年 相鉄文化会館・岩崎学園ビル開館  
昭和34(1959)年 横浜高島屋開業  
昭和37(1962)年 横浜ステーションビル開業、西公会堂開館  
昭和39(1964)年 ダイヤモンド地下街開業  
昭和40(1965)年 第一回虫の音を聞く会  
昭和43(1968)年 スカイビル・横浜岡田屋開業  
昭和46(1971)年 西区休日急患診療所開設(市内初)  
昭和47(1972)年 市電が廃止、三代目区庁舎(現在地)完成  
昭和48(1973)年 相鉄ジョイナス・横浜三越開業  
昭和49(1974)年 区制30周年でシンボルマーク制定  
昭和51(1976)年 市営地下鉄(伊勢佐木長者町・横浜間)開通、第1回西区民まつり  
昭和52(1977)年 西消防署・戸部警察署庁舎落成  
昭和54(1979年) 第1回ヨコハマ・カーニバル  
昭和55(1980)年 四代目横浜駅(東口)完成、横浜ルミネ・横浜東口地下街ポルタ開業  
昭和57(1982)年 西センター(公会堂・地区センター)開館、横浜シァル・横浜岡田屋モアーズ開業  
昭和58(1983)年 横浜造船所が本牧・金沢に移転、みなとみらい21事業起工  
昭和59(1984)年

区制40周年で区の花木選定、第一回かもんやま薪能(注釈3)

注釈3:かもんやま能のはじまり
第一回は観世栄夫総合演出のもと、「かもんやま薪能」として開催。現在は横浜能楽堂で開催されているが当初は掃部山公園の銅像前に仮舞台を設けて開催されていた。

昭和60(1985)年

日本丸メモリアルパーク開園、横浜ビブレ21開業、横浜新都市センター完成、横浜そごう開業

 
昭和63(1988)年 NICE'88(市政100周年記念事業西区地域イベント)  
平成元(1989年) 横浜博覧会YES’89開催(注釈4)、横浜美術館開館

注釈4:横浜博覧会での西区参加のイベント
西区民デーで、西区地域イベント実行委員会が中心になって市民の手作りイベント「横浜・彦根開港絵巻パレード」を実施した。

平成2(1990)年 横浜ランドマークタワー着工  
平成3(1991)年 パシフィコ横浜開業、境之谷こどもログハウス、西前小コミュニティハウス開館  
平成4(1992)年 西区障害者地域活動ホーム開館、MM21線起工式  
平成5(1993)年 横浜ランドマークタワー・ドッグヤードガーデン開業、野毛山荘・浅間台地域ケアプラザ開館  
平成6(1994)年 区制50周年(注釈5)、東小学校コミュニティハウス・平沼集会所開館、横浜市中央図書館全面開館

注釈5:区制50周年での記念事業
記念事業の一つとして、西区誕生からの50年間の思い出や子どもたちの50年後の夢を表現した作品がタイムカプセルに収納された。50年後(2044年)の開封が予定されている。

平成7(1995)年 西区史刊行  
平成8(1996年) 戸部コミュニティハウス開館、横浜能楽堂開館、横浜スカイビル・マルイシティ横浜開業  
平成9(1997)年 藤棚地区センター・地域ケアプラザ・西スポーツセンター開館、「旧横浜船渠株式会社第二号船渠」が重要文化財指定、クイーンズスクエア横浜開業  
平成10(1998年) 横浜みなとみらいホール開館  
平成11(1999)年 「京急平沼駅」の空襲で被災した屋根部分を撤去  
平成12(2000)年 宮崎地域ケアプラザ開館、「旧横浜船渠株式会社第一号船渠」重要文化財指定  
平成13(2001)年 軽井沢コミュニティハウス開館  

平成14(2002)年

野毛山動物園リニューアル開園  
平成15(2003)年 浅間コミュニティハウス・戸部本町地域ケアプラザ開館、アザラシのタマちゃんが西区民に(特別住民票交付)  
平成16(2004)年 区制60周年(注釈6)、東横線桜木町駅廃止、みなとみらい線新高島駅・みなとみらい駅開業

注釈6:区制60周年での記念事業
西区内の中学生が「住んでいてよかった西区のいま」をテーマとした絵画を共同制作し、区制60周年のモニュメントとして区庁舎壁面に掲示されている。

平成18(2006)年 横浜みなとみらいスポーツパーク開所  
平成19(2007)年 西区福祉保健活動拠点「フクシア」開館、横浜アンパンマンこどもミュージアム開業  
平成21(2009)年 「生活創造空間にし」開館、横浜みなと博物館開園(旧横浜マリタイムミュージアム)  
平成22(2010)年 西区地域子育て支援拠点「スマイルポート」開館  
平成23(2011)年 高島水際線公園開館、にこまちコミュニティ文庫開館  
平成25(2013)年

MARK ISみなとみらい開業

 
平成26(2014)年 区制70周年  

戸部小学校の宝物 リスのステンドグラス

関東大震災の教訓として日頃の備えが大事であることを、食糧を蓄える習性のあるリスで表現したステンドグラスが戸部小学校に設置されている。校舎建替で一度は取り外されたが、再び光の当たる場所に、という児童たちの思いとそれを叶えたいという先生や地域の協力により、現在はランドマークタワーを背にした窓に飾られ、輝いている。
戸部小学校の宝物 リスのステンドグラス

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-320-8321

電話:045-320-8321

ファクス:045-314-8894

メールアドレス:ni-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:627-320-103

先頭に戻る