このページの先頭です

魔の池の竜神

最終更新日 2019年1月21日

ここで紹介している内容は、現在とは異なる場合がありますのでご注意ください。

49.魔の池の竜神(西戸部町3丁目280の10付近)

魔の池の竜神


いつ頃からかは定かでないが、ひそかに「魔の池」と呼ばれた大きな池が大正9(1920)年まであった。鬱蒼たる木立の間に満々と水をたたえた不気味さが、さまざまな怖い伝説を生んだ。

この池の主は白い蛇で、年老いて竜に変化(へんげ)したと云われるが、大正9年9月30日、大嵐の夜半にこの池が決潰し19人もの犠牲者が出る大惨事となり、それを機に埋め立てられた。

その竜神を祀ったのがこの小さな祠だが、妙行尼という女行者がずっと堂守をしてきた。後にこれも尼さんが引き継いだが、いつの間にか姿を消した。今は池とは名ばかりの水溜まりを抱くように、こわれかけた鳥居の奥に建っているのが痛ましい。

文・絵 長谷川 泰(西区文化協会 騎虎の会主宰)

西区そぞろ歩き目次へ戻る

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課広報相談係

電話:045-320-8321

電話:045-320-8321

ファクス:045-314-8894

メールアドレス:ni-koho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:325-545-910

先頭に戻る