このページの先頭です

西区まち歩きアプリ「NISHIMARO DIARY」が完成!

最終更新日 2021年8月27日

西区役所×情報科学専門学校
横浜市西区オリジナル まち歩きアプリNISHIMARO DIARYが完成!!

西区役所は学校法人岩崎学園 情報科学専門学校と連携し、「粋なまち歩き」と称して、区内を楽しく巡るまち歩きアプリの開発・検討を平成27年から1年間かけて行ってきました。平成28年5月から、アプリの無料配信をスタートします!

アプリの内容アプリのダウンロードこれまでの取組経過問合せ

NISHIMARO DIARYは、西区のマスコットキャラクターにしまろちゃんがオススメする観光スポットを巡るアプリです。
アプリに設定してある観光スポットを巡ると、にしまろちゃんがその場で記載した「秘密の日記」が見られます。なお、日記は現地に行かないと見ることができません。
日記の他に、アイテムを見つけたり、ランキングで競い合ったり。若者のアイデアが光るユニークなアプリでまち歩きを楽しんでください。
※下のアプリ解説の画像はクリックで、拡大します。

にしまろダイアリー解説画像1(画像:59KB)1.トップ画面。「探索する」ボタンをタップすると・・・・

にしまろダイアリー解説画像2(画像:44KB)2.にしまろちゃんの日記が書かれるスポットにピンが立っています。スポットを目指してまち歩き!

にしまろダイアリー解説画像3(画像:44KB)3.スポットまで行くと、「日記が見つかりました!」の表示が。

にしまろダイアリー解説画像4(画像:88KB)4.「日記を読む」を押すと、にしまろちゃんがその場所で描いた日記と写真が現れます。


にしまろダイアリー解説画像5(画像:115KB)5.「この日記の写真を変える」をタップすると、自分が撮影した写真に変更することもできます。

にしまろダイアリー解説画像6(画像:33KB)6.その場所にちなんだアイテムが見つかるところも。見つけたアイテムはコレクションに集められます。

にしまろダイアリー解説画像7(画像:63KB)7.一度見つけた日記は何度でも読み返すことができます。日記の目次で確認しよう!

にしまろダイアリー解説画像8(画像:94KB)8.スポットに行くと、日記のほかにポイントが付与されます。たまったポイントで順位を競い合えます。



<Android(アンドロイド)用>

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ac.isc.nishimarodiary(外部サイト)


<iPhone(アイフォーン)用>

https://itunes.apple.com/jp/app/nishimaro-diary/id1129721122?l=en&mt=8(外部サイト)


下記QRコードを読み取ってダウンロードすることもできます。

にしまろダイアリー(アンドロイドQRコード)
Android(アンドロイド)用

にしまろダイアリー(アイフォーンQRコード)
iPhone(アイフォーン)用


利用規約をよくお読みになっていただいてから本アプリをご利用ください。
※対応OSは、以下のとおりです。ただし、すべての動作を保証するものではありません。
・iPhone、iPad(iOS6.0以降)
・Android要件4.1以上
※歩きながらのスマートフォンの使用は危険です。立ち止って使用してください。

西区のまち歩きのテーマは「粋な歩き方」。区内の既成の市街地を「粋なエリア」と称し、みなとみらい21地区だけでなく、既成の市街地も含めて地域住民の方や観光客のまち歩きを楽しんでもらうことを目的としています。
アプリの開発には、情報科学専門学校の学生と横浜市職員が連携し、昨年6月のアイデアソン*1を皮切りに、現地調査やハッカソン*2を実施しながら、検討・開発を進めていました。
また、アプリの試作版を一般の方々に使っていただく「アプリ体験会」を2月に横浜駅周辺で、4月には、みなとみらいさくらフェスタ2016の中で、さまざまな意見や課題をいただき、誰でも気軽に使いやすく、楽しみながら使えるアプリを目指し技術改良を重ねてきました。

*1アイデアソン=アイデアとマラソンを組み合わせた造語。グループでアイデアや意見を出し合うワークショップ。
*2ハッカソン=ソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック“とマラソンを組み合わせた造語。一定期間、集中的にプログラム開発やサービスの考案などの共同作業を行います。

<開発スケジュール>
時期イベント名内容
平成27年6月第1回アイデアソンオープンデータや西区の資料を見ながら、アイデア出しのグループワークを実施。
学生約70名と市職員もグループワークに参加しました。
7月第2回アイデアソン学生と市職員で、第1回アイデアソンで出されたアプリのアイデアをブラッシュアップ。
9月現地調査西区の歴史や地理に詳しい方を講師にむかえ、実際に学生がまち歩きを行いました。
11月ハッカソンアイデアソンや現地調査を踏まえて、アプリの画面遷移やデザインを検討しました。
12月アプリ選考学生グループから出された9つのアプリのアイデアから、実際にアプリ制作する3つを
選考しました。
平成28年2月アプリ体験会(1回目)3つの試作版アプリを使って、実際に横浜駅周辺を一般市民の方にまち歩きして
いただきました。
4月アプリ体験会(2回目)みなとみらい21さくらフェスタ2016で「NISHIMARO DIARY」を使ったまち歩きイベントを実施。
約50名の方に参加いただきました。
5月アンドロイド用アプリ「NISHIMARO DIARY」リリース!!

<取組風景>

第1回アイデアソン写真
↑第1回アイデアソン

現地調査写真
↑現地調査

アプリ体験会(1回目)写真
↑アプリ体験会(1回目)

アプリ体験会(2回目)
↑アプリ体験会(2回目)


<アプリ「NISHIMARO DIARY」開発チーム>


学校法人岩崎学園 情報科学専門学校 情報セキュリティ学科2年 本間知生さん、山崎輝人さん、志村綺仁さん、勝治憲一さん
先端ITシステム学科2年 小野竜聖さん

【アプリ開発の経緯等、取組みに関すること】
西区役所区政推進課 まちづくり調整担当(アプリ担当)
電話:045-320-8329 Eメール:ni-kikaku@city.yokohama.jp

アプリ「NISHIMARO DIARY」の動作・不具合に関すること】
学校法人岩崎学園 情報科学専門学校
Eメール:info1@gn.iwasaki.ac.jp

「西区まち歩きアプリ」トップページに戻る

このページへのお問合せ

西区総務部区政推進課まちづくり調整担当

電話:045-320-8329

電話:045-320-8329

ファクス:045-322-9847

メールアドレス:ni-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:893-189-538

先頭に戻る