このページの先頭です

区民利用施設の利用再開について【8月24日更新】

最終更新日 2020年8月24日

区民利用施設については、新型コロナウイルス感染の拡大を防止する観点から休館しておりましたが、国の緊急事態宣言が解除されたことに伴い、必要な感染症対策を徹底の上、準備の整った施設から利用を再開しています。
施設の御利用にあたっては、感染症対策に御理解と御協力をお願いいたします。
なお、利用の詳細につきましては、以下の内容を御確認の上、各施設に直接お問い合わせください。

施設利用再開の基本的な考え方

  • 準備の整った施設からの再開及び緩和となります。
  • 人と人との間隔を十分にとり、「3密」とならないようにします。
  • マスクの着用と、手指の消毒または石鹸による手洗いを励行します。
  • 窓開けや換気装置の稼働など換気を実施します。
  • コーラスや歌唱等の飛沫感染の可能性がある御利用は当面の間、見合わせます。
  • 飲食する際は、人と人との間隔を2メートルとることや対面ではなく横並びとすることなどの工夫をお願いします。
  • 体調が優れない場合は、施設の御利用を控えていただくようお願いします。

施設利用再開の内容

地区センター(西・藤棚)・コミュニティハウス(戸部・浅間)・平沼集会所

【再開する用途】

  • 全ての部屋の利用
  • 更衣室については、利用団体に人数制限等の管理を求めることで利用可能とします。
  • 各部屋の利用定員は、「人と人との間隔を2メートルとれる範囲」または「利用定員の50%以内」とします。

※利用の詳細については、各施設にお問い合わせください。

西公会堂

【再開する用途】

  • 講堂、1号会議室、2号会議室の利用
  • 講堂の利用定員は、「250名程度」とします。
  • 会議室の利用定員は、「人と人との間隔を2メートルとれる範囲」または「利用定員の50%以内」とします。

※利用の詳細については、各施設にお問い合わせください。

西スポーツセンター

【再開する用途】

  • メインアリーナ、サブアリーナ、研修室、トレーニング室、プール、更衣室の利用(プールの利用者のみシャワー室利用可)
  • メインアリーナ、サブアリーナ、研修室の利用定員は、「人と人との間隔を3メートルとれる範囲」とします。
  • トレーニング室の利用定員は、「人と人との間隔を3メートル取れる範囲」とし、設置機器の台数を制限して開放します。
  • プールの利用定員は、「20名~30名」とします。
  • 更衣室については、利用可能なロッカーを制限し開放します。

※利用の詳細については、各施設にお問い合わせください。

野毛山荘

【再開する用途】

  • 会議室、和室、大広間、機能回復訓練室、工作室、生きがい作業室、娯楽室、ロビーの利用
  • 利用定員は、「人と人との間隔を2メートルとれる範囲」とします。

※利用の詳細については、各施設にお問い合わせください。

学校併設型コミュニティハウス(西前小、稲荷台小、東小、軽井沢)

【再開する用途】

  • 団体利用のみ、かつ利用人数を制限し開館します。
  • 図書室については、貸出・返却のみ利用可能とします。
  • 各部屋の利用定員は、「人と人との間隔を2メートルとれる範囲」または「利用定員の50%以内」とします。

【休止を継続する用途】

  • 施設が主催する事業や教室

※利用の詳細については、各施設にお問い合わせください。

このページへのお問合せ

西区総務部地域振興課

電話:045-320-8389

電話:045-320-8389

ファクス:045-322-5063

メールアドレス:ni-chiikishinko@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:325-316-033

先頭に戻る