このページの先頭です

災害に備えましょう(2020年9月)

最終更新日 2020年9月2日

 残暑の厳しい日が続きますが、季節は少しずつ秋を迎えようとしています。9月は防災月間です。大地震への備えでまず大切なのは、ご自身やご家族など、身近な方の命を守ること。例えば、家具が倒れないように固定されているかなど、身の回りの安全対策について今一度確認してみましょう。
 水や食料品などの備えも大切です。震度5強以上の地震が発生した際、区内の小中学校に開設される地域防災拠点では、様々な備蓄をしています。しかし、これは自宅が被災し住めなくなってしまった方々のためのもので限りがあります。目安として最低3日分をご自身やご家庭で備えておくようにしましょう。
 また、ご近所同士で日ごろから顔の見える関係をつくることも大切です。いざというとき、お互いに助け合う「共助」につながります。私も普段から挨拶を心がけるなど身近なことから始めています。
 備えあれば憂いなし。近年多発している風水害や、いつやってくるかわからない地震への備えについて、この機会にぜひご家族等と一緒に考え、実践してみませんか。
 南区では防災関係の様々な補助制度をご用意しています。ぜひご確認ください。

このページへのお問合せ

南区総務部区政推進課

電話:045-341-1112

電話:045-341-1112

ファクス:045-341-1241

メールアドレス:mn-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:188-888-322

先頭に戻る