このページの先頭です

「内水」被害のことを知りましょう(2021年11月)

最終更新日 2021年11月1日

 秋も深まり、肌寒い日が増えてきました。台風シーズンは終盤を迎えましたが、引続き、突発的な大雨などには注意していただきたいと思います。
 さて、大雨の際に注意すべきこととして、「内水(ないすい)」をご存知でしょうか。内水とは、河川が氾濫して起こる「洪水」と異なり、大雨で下水道管や水路がいっぱいになって、マンホールや雨水ますなどから水があふれることで、道路の冠水や、家屋等の浸水被害をもたらします。
 区内でも大岡川などの河川周辺を中心に、最大2メートルの浸水被害が想定されているところがあります。また、内水の特性上、川から離れた場所でも数十センチの浸水が想定されているところがあり、高台にお住まいの方も油断は禁物です。今一度、市が発行している「内水ハザードマップ」で、ご自宅周辺の状況について確認してみましょう。
 南区では、今年9月に、永田みなみ台公園、大岡公園、南太田公園、六ツ川一丁目公園の4か所に「土のうステーション」を整備しました。こちらにある土のうは大雨などの際、ご自宅等の浸水対策にご自由にお使いいただけます。詳しくは土木事務所(電話:341-1106)にお問い合わせください。また広報よこはま11月号でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

南区長 松山 弘子

「区長コラム南の風にのって」とは・・・

区民の皆さんとの「つながり・寄り添い」を大切に、松山区長が地域の方とふれあう中で感じたさまざまな思いや考えを綴るコーナーです。

このページへのお問合せ

南区総務部区政推進課

電話:045-341-1112

電話:045-341-1112

ファクス:045-341-1241

メールアドレス:mn-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:779-726-629

先頭に戻る