このページの先頭です

心と体の健康維持を心掛けましょう(2021年7月)

最終更新日 2021年7月1日

 最近は外出をためらってしまうような暑い日が多くなってきました。特に梅雨の時季は閉じこもりがちになる方もいらっしゃるかと思います。こんなときだからこそ、心と体の健康維持を心掛けてみませんか。健康は毎日の積み重ねが大切です。
 「フレイル」という言葉をご存知でしょうか。フレイルとは、加齢に伴い心身機能が低下し、「健康」と「要介護」の中間の状態になることを言います。
 高齢の方で「最近疲れやすくなった」「体重が減った」などの症状はフレイルのサインかもしれません。これらを「歳のせいだから」と放っておくと、気付かないうちに症状が進み、さらには要介護状態になってしまうこともあります。
 フレイルを改善させるため、また、フレイルにならないようにするためには、適度な運動、栄養バランスのよい食事、人との交流が重要だと言われています。まずは家の中でストレッチをやってみる、身近な公園などで介護予防活動を行っている「元気づくりステーション」に参加するなど、日々の生活の中でできることから始めてみませんか。
 詳しくは広報よこはま南区版7月号で紹介していますので、ぜひご覧ください。
 (問合せ先:高齢・障害支援課 電話:341-1139)

南区長 松山 弘子

フレイルの状態を示すイラスト画像
フレイルは、健康と要介護の中間の状態のことです

「区長コラム南の風にのって」とは・・・

区民の皆さんとの「つながり・寄り添い」を大切に、松山区長が地域の方とふれあう中で感じたさまざまな思いや考えを綴るコーナーです。

このページへのお問合せ

南区総務部区政推進課

電話:045-341-1112

電話:045-341-1112

ファクス:045-341-1241

メールアドレス:mn-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:495-690-325

先頭に戻る