このページの先頭です

歯みがきの準備を始めましょう(4か月)

最終更新日 2019年2月14日

よい歯ですこやかに

じょうぶな歯で、よくかんで食べることは、健康な体を作る上で、とても大切なことです。乳歯を、大切にしましょう!

歯の生えかたと順番は個人差があります!

歯の生え始めるのは、およそ6~10か月で3歳前後に乳歯20本が生えそろいます。
生え方に早い遅いはありますが心配ありません。
※歯と歯の間のすきまや、かみ合わせにも個人差があります。

乳歯は大切です!

  • 食べ物をよくかみ、消化吸収を助けています。
  • あごの発育を助けています。
  • ことばが正しく発音できるように助けています。
  • 永久歯が正しい位置に生える目安になります。

歯みがきの準備を始めましょう

何でも口に入れたがるこの時期に、歯ブラシを持たせて慣れさせましょう。ただし、歯ブラシをのどの奥に突っ込むことなどがないように、大人が近くで見ていてあげましょう。

子どもの口の中は、とても敏感です。
まずは、ほっぺやお口のまわりをさわったりして、さわられてもいい感覚に慣れさせましょう。

上の前歯が生えたら(上下合わせて4本生えたころ)

おとなが歯をみがいてあげる、「仕上げみがき」を始めましょう。

歯ブラシは?

  • 材質:ナイロン
  • かたさ:ふつう
  • ブラシの大きさ:おとなの人差指1本分

動かし方は?

歯ブラシを歯にやさしく当て、小刻みに動かしてみがきましょう。

姿勢は?

お口の中が見える姿勢でみがいてあげます。歯ブラシで1日1回は仕上げみがきしましょう!

哺乳びんとむし歯

ミルクや市販のジュース・乳酸菌飲料・アルカリイオン飲料など甘い飲み物の入った哺乳びんを長時間くわえているとむし歯になってしまいます。1歳のお誕生日を目標に、コップにきりかえましょう。

かむ力を育てましょう!

赤ちゃんのお口の発達にあわせて、食品の固さや種類を変えていきましょう。

歯のことで心配なことがありましたら、各福祉保健センターで
0歳~未就学児を対象に乳幼児歯科相談を開催していますのでご利用ください。

このページへのお問合せ

南区福祉保健センターこども家庭支援課

電話:045-341-1148

電話:045-341-1148

ファクス:045-341-1145

メールアドレス:mn-kodomokatei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:949-440-663

先頭に戻る