このページの先頭です

【新型コロナウイルス感染症】陽性判定を受けた方(患者の方)へ

最終更新日 2021年9月10日

1 南区福祉保健センター職員による聞き取り

医療機関等での検査結果が陽性となった場合に、医師から新型コロナウイルス感染症発生届が提出されます。受付後に、南区福祉保健センター職員が電話連絡により感染症予防法第15条に基づく調査を実施しますので、ご協力をお願いします。
また併せて、療養に必要な情報の聞き取りをさせていただきます。
お手数ですが、「療養のための質問票」(所要時間約10分、家族による入力も可)にご回答ください。

【新型コロナ】療養のための質問票

【新型コロナ】療養にあたって

新型コロナウイルスの検査(抗原検査・PCR検査など)の結果、陽性となった方のうち、無症状又は軽症の方で入院を必要としない場合は、自宅や県指定の宿泊療養施設での療養を開始します。
療養に関して詳細は、「新型コロナウイルス感染症 自宅・宿泊療養のしおり」(神奈川県のホームページ)(外部サイト)をご覧ください。

2 療養証明書の発行について

新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方で、ご自宅での療養を終えた方には、区役所において「療養証明書」を発行することができます。
「療養証明書」受取りにあたっては、申請が必要になります。

横浜市ホームページ ← 申請方法は横浜市ホームページをご確認ください。

<宿泊施設で療養された方>
神奈川県への申請が必要になります。
「自宅・宿泊療養のしおり」(外部サイト)をご確認いただき、神奈川県療養サポート窓口(電話)045-285-0598(9時~21時)へお問い合わせください。

このページへのお問合せ

南区福祉保健センター福祉保健課

電話:045-341-1181

電話:045-341-1181

ファクス:045-341-1189

メールアドレス:mn-fukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:331-088-926

先頭に戻る