このページの先頭です

「緑区民まつり2021」代替企画 あゆみフェスティバル

最終更新日 2021年12月1日

あゆみフェスティバル ~あゆみ続ける区民まつり~ 開催決定!

はじめに

緑区民まつり実行委員会では開催見送りとなった「緑区民まつり2021」の代替企画として「あゆみフェスティバル」を開催します!
「あゆみフェスティバル」では区民の皆さんが絆やつながりを感じられるような各種企画を主にホームページ上で行っていきます。

令和3年(2021年)緑区10大ニュース

今年、横浜市緑区内で起こった出来事や市政ニュースの中から、緑区の皆さまの投票により、緑区10大ニュースを決定します。また、番外編として投票いただいた方の“重大!?”ニュースも併せて募集します。
なお、投票いただいた方全員の中から、抽選でプレゼントが当たるほか、重大!?ニュースについては緑区民まつり賞・緑区長賞を設け、副賞をお贈ります。

候補ニュース(区政)

区政
  候補ニュース

「成人の日を祝うつどい」区内1,916人が門出 密避け、2会場で分散開催
横浜市の成人式「成人の日を祝うつどい」が1月11日に開催されました。今年は2会場でそれぞれ4回に分けて実施され、緑区からは1,916人が新成人の門出を迎えました。

1月
「はっけん!みどりっこすごろく」が完成
緑区内保育施設等が協力し、毎年開催していた育児支援イベント「あつまれ!みどりっこまつり」の中止を受け、緑区役所では、区内保育施設等と協力し、「はっけん!みどりっこすごろく」を作成しました。
2月
「Co-coya復活プロジェクト実行委員会」に助成決定~ヨコハマ市民まち普請事業~
中山5丁目にある住宅に、井戸や薪ストーブ、薪風呂を整備し、災害時などのいざという時に水と火を提供できる防災拠点を作る「『水』と『火』のあるほっとステーション」への助成が決定しました。
2月

みどり国際交流ラウンジが中山に開設
みどり国際交流ラウンジが中山に開設されました。市内では8年ぶり11番目。外国人や外国人支援、国際交流に関心のある人への相談や情報提供を行っています。

3月
緑区役所にキッチンカー登場! 地元農産物を使ったお弁当やパンを販売
緑区役所に4日間、日替わりで区内のよこはま地産地消サポート店が出店しました。旬の地元農産物を使ったフレンチやイタリアン、魚料理など、様々なお弁当、パンが販売され、連日完売御礼となりました。
3月
山下地域ケアプラザ開所
十日市場、長津田、中山、東本郷、鴨居、霧が丘に続く7館目の地域ケアプラザでとして4月1日に山下地区に地域ケアプラザが開所しました。身近な福祉・保健の拠点としてさまざまな取組を行っています。
4月
緑区役所が令和3年度緑区運営方針を発表
緑区役所が令和3年度の目標や取り組みを示す「運営方針」を発表しました。基本目標は昨年に続き「次世代につなぐ みんなにやさしいまち『ふるさと みどり』」としています。
5月
緑公会堂で新型コロナウイルスワクチン集団接種開始
緑区では新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場として緑公会堂が選ばれ、5月17日から集団接種を開始しました。
5月
岩川堰(ぜき)が21か所目の「緑区遺産」に
いぶき野1の2に現存する岩川堰(ぜき)が、区内に現存する有形の歴史的・自然的・文化的資源でその価値が地域に認められているものを区が認定・登録する「緑区遺産」に21か所目として登録されました。
7月
10 中山に「みどり子ども食堂」開設 食事の提供と食料配布を行う
食事を必要とする地域の子どもへの支援を目的として「みどり子ども食堂」が開設されました。中山のハーモニーみどり内の部屋を借りて月に2回の頻度で開催予定です。
10月
11 防災スピーカー運用開始 緑区役所の屋上に設置
緑区役所屋上に設置した防災スピーカーの運用を10月1日から開始しました。災害時の情報伝達手段のさらなる充実が期待されます。今後は年3回、テスト放送が行われます。
10月
12 緑区フードドライブ 区内6施設で食品回収ボックスを常設
食品ロス削減月間である10月から、緑区内の地区センターなど6施設で、フードドライブを進めるための食品回収ボックスを常設しました。10月分だけで220kgもの食品をご提供頂きました。
10月
13 子どものまちづくりイベント Mini Mini Midoriを2年ぶりに開催!
山下地域交流センター(旧山下小学校校舎)に子どものまちが2年ぶりに出現!オンラインを活用して子ども実行委員が考えた区役所、雑貨屋などで来場した子どもたちが働き、買い物や遊びを楽しみました。
11月
14 地産地消みどりグルメスタンプラリーをデジタル活用し開催
緑区版「よこはまウォーキングポイント」アプリを活用して実施。区内のよこはま地産地消サポート店で食事をし、スタンプ3つで景品ゲット。さらに、抽選で豪華緑区農産物詰め合わせをプレゼント!
11月
15 緑警察署の新庁舎が完成
施設の老朽化等の影響で移転を予定していた緑警察署の新庁舎が完成し、11月8日から業務を開始しました。エレベーター完備で、屋上には省エネ対策として太陽光発電設備が設置されています。
11月

候補ニュース(文化・スポーツ)

文化・スポーツ
  文化・スポーツ
16

緑区から初の関取誕生! 荒篤山 十両昇進
十日市場中学校卒業の荒篤山関(荒汐部屋)が2021年7月場所で十両に昇進し、緑区出身初の関取誕生となりました。11月場所では11勝4敗と見事な成績で勝ち越し、大いに盛り上がりました。

7月
17 緑区出身 泉谷選手 110m障害で日本記録更新+オリンピック出場!
山下小学校、緑ヶ丘中学校卒業の泉谷選手が110m障害で日本新記録を樹立し、東京2020オリンピックへの出場を果たしました。日本人としては57年ぶりの五輪準決勝へ進出し日本中が注目しました。
7月
18 ハイスクールアートトレイン 白山高校生徒がデザイン
東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、開催意義や理念を共有し、大会を盛り上げるため、横浜市営地下鉄グリーンラインに県立白山高校美術科の生徒が描いたイラストがポスターとして掲示されました。
7月
19 霧が丘学園中ソフト部 創部以来初の全国大会へ
霧が丘学園中学部のソフトボール部が「第21回全日本中学生女子ソフトボール大会」に神奈川県代表として出場。今回は谷本中(青葉区)との合同チームで参加しました。
8月
20 横浜DeNAベイスターズジュニアチーム2021に緑区から2名が選出!
約950名の中から厳しい選抜セレクションを勝ち抜き、16名のジュニア選手が決定しました。そのうち緑区からは田中 歩希さん(背番号7)と、小田倉 優真さん(背番号13)の2名が選ばれました!
8月
21 中山ハロウィン2021開催
中山駅周辺の指定された6か所の場所を仮装姿で巡る親子向けスタンプラリーイベント「中山ハロウィン2021」が10月31日に開催されました。コロナ禍で密を避けるため、3つの時間帯に分けて行われました。
10月
22 東洋英和大のかえで祭、初のオンライン開催
東洋英和女学院大学の学園祭「かえで祭」が30日、31日初めてオンラインで開催され、有志の学生が作成した動画、毎年恒例のミズ東洋英和コンテスト、お笑いライブやコンサート、トークショーなどで盛り上がりました。
10月
23

十日市場中学校吹奏楽部、日本管楽合奏コンテストに出場 優秀賞を受賞
十日市場中学校吹奏楽部が日本管楽合奏コンテストに出場しました。4年ぶり2回目の出場。本番は、コロナの影響で各校が撮影した演奏動画での審査となり、中学校B部門で優秀賞を受賞しました。

11月

候補ニュース(地域・社会)

地域・社会
  地域・社会
24 横浜創英大学生が感染症対策を冊子に 無料で地域に配布
横浜創英大学のリラクセーションサークルのメンバーが感染症対策をまとめた冊子を作成しました。冊子には、イラスト付きで正しい手洗いやアルコール手指消毒の仕方、正しいマスクの付け方などがまとめられています。
2月
25 68年続いた銭湯「中山浴場」が閉店
中山で68年もの間、営業されていた銭湯「中山浴場」が3月21日をもって惜しまれつつも閉店しました。

3月

26 長津田宿市民の森愛護会が発足しました!
昨年4月にオープンした長津田宿市民の森を守っていくために、地域の方による愛護会が今年の4月に発足しました。愛護会では利用者が気持ちよく使えるように、森の手入れや見回りを行っています。
4月
27

長津田駅北口歩道橋「マルサンスカイウォーク」に愛称決定
長津田駅北口ロータリーにかかる長津田駅北口歩道橋の愛称が「マルサンスカイウォーク」に決定しました。

4月
28

長津田駅にスマートホームドア設置
従来のものから軽量化した「スマートホームドア」が長津田駅に設置されました。電車との間に残された障害物や異物の引き込みなどを検知する機能も備えています。

4月
29 長津田駅旧定期券売り場 個人向けシェアオフィスに
コロナ禍によるテレワークニーズの高まりに対応するため、長津田駅構内の旧定期券売り場が、個人向けシェアオフィスとして運用を開始しました。暫定活用期間は1年です。
7月
30 全国老人クラブ大会 優良老人クラブ表彰で緑区三保地区の宮根クラブが受賞
全国老人クラブ大会にて、緑区三保地区で活動している宮根クラブが、地域との連携を図り、自治会行事にも数多く参加をしているなど、秀でた活動を行っていると認められ、優良老人クラブ表彰を受賞しました。
11月
31 「緑区民まつり2021」代替企画 あゆみフェスティバル開催!
例年10月中旬に四季の森公園で行われている緑区民まつりが2年連続で開催見送りとなりましたが、主にインターネット上で開催される代替企画「あゆみフェスティバル」を緑区民まつり実行委員会が実施しました。
12月

応募方法

投票資格

横浜市緑区在住・在学・在勤の方(投票は一人一回に限ります)

投票方法

「10大ニュース」「重大!?ニュース」共に電子申請システムを通して投票頂きます。


スマートフォン用二次元コード

10大ニュース

投票者は候補ニュースの中から一人につき最大10個まで投票できます。

重大!?ニュース(任意記入)

投票される皆さまの身の回りで起こった、緑区にまつわる重大!?ニュースも募集します。
【投稿例】
今年、結婚しました!妻も私も緑区出身で、婚姻届も緑区役所に提出しました。
四季の森公園で撮影した写真をSNSに投稿したところ、いいね!が多くもらえました。
中山駅のコンビニ店員さんが気さくに話しかけてくれて、毎朝いつも元気をもらっています。

投票期間

令和3年12月1日(水曜日)から12月31日(金曜日)まで

プレゼントについて

応募者全員から抽選

区内商店街お買物券(5,000円分)【30名】
緑区民まつりオリジナルタオル【20名】

重大!?ニュース受賞作品

緑区民まつり賞・緑区長賞
区内商店街お買物券(10,000円分) 【各賞1名づつ】

結果発表

令和4年1月末(予定)
なお、重大!?ニュースについては受賞されたもののみ公表させて頂きます

その他・注意事項

当選者の発表は商品の発送をもって代えさせて頂きます。

区民まつり写真展

過去の緑区民まつりで撮影された写真を一堂に集めて区民まつりホームページに公開掲載します。
皆さんの思い出の写真を緑区民まつりホームページに掲載しませんか?素敵な写真のご提供、お待ちしています。

募集写真

過去、緑区民まつりの現地にて撮影された写真
※写真に写っている被写体から同意を得ていることを前提としますが、同意が得られていない場合は顔にボカシを入れるなど対応して頂きます。

応募方法

氏名と連絡先を記載の上、緑区民まつり実行委員会事務局( md-matsuri@city.yokohama.jp)宛メールをお願いします。
併せて、いつ撮影された写真か、写真にまつわるエピソードなども記載下さい(任意記入)
メールで送れない場合、CD-Rの持参や郵送も受け付けますが、その際には事務局まで予め御相談下さい。 

募集期間

令和3年12月1日(水)から12月31日(金)まで

公開時期

令和4年1月下旬頃予定

「子ども会書道展」に特別賞を用意します!

緑区子ども会連絡協議会による「子ども会書道展」に、本年は特別賞として「区民まつり賞」を設け、選定・表彰します!

募集期間

令和3年12月1日(水曜日)から令和4年1月20日(木曜日)まで

募集について

対象

緑区内在住小学生、中学生

課題

小学生1年 「大」又は「生」
小学生2年 「花」又は「正」
小学生3年 「ゆめ」又は「元気」
小学生4年 「太陽」又は「新しい友」
小学生5年 「希望」又は「信じる心」
小学生6年 「航海」又は「無限の力」
中学生1~3年「尊敬」又は「将来展望」

優秀作品について

「緑区民まつり賞」(1名)を区内作品から選定します。
また、各区から優秀作品33点を横浜市子ども会書道展に出展し、全区作品から横浜市長賞等を選定します。

注意事項

半紙の大きさは縦334mm、横242mm
小学生は楷書、中学生は楷書又は行書
学年・氏名を左脇縦書き、区名や学校名は半紙に記入しない(学年、氏名のない作品は審査の対象外となります)
半紙の折り跡、汚れ、破損は審査の対象外
課題の誤字は審査の対象外
名前も審査対象
学年の前に小学、中学の文字は入れても入れなくても可
原則として作品は返却いたしません

提出・郵送先

応募用紙と合わせて「元払いで郵送」もしくは、緑区役所4階41番地域振興課まで「持参」してください。
※作品に折り目があると審査対象外となります
〒226-0013 緑区寺山町118番地
緑区役所 地域振興課「書道展」担当宛

募集チラシ・応募様式

区民まつり動画(団体紹介)を作成します!

「安全・安心」、「いきいき健康」、「みどりの魅力あふれるまち」の3つの視点から、動画を撮影・作成します。
完成後は本ホームページで公開予定です。皆さまお楽しみに!

【連携事業】緑区川柳コンテスト

「新しい生活様式」の中での発見や気付き、あなたの気持ちを託したをテーマに川柳を募集します。
応募方法や詳細については下記リンクから御確認下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

緑区民まつり実行委員会事務局(緑区総務部地域振興課)

電話:045-930-2233

電話:045-930-2233

ファクス:045-930-2242

メールアドレス:md-matsuri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:551-525-011

先頭に戻る