このページの先頭です

第1期 緑区地域福祉保健計画「みどりのわ・ささえ愛プラン」

緑区地域福祉保健計画・地域福祉活動計画、愛称「みどりのわ・ささえ愛プラン」は年をとっても、障がいがあっても、ひとりになっても、わたしたち一人ひとりが自分らしく、心豊かに充実した生活を送ることができるよう、区民、団体、事業者、社会福祉協議会、区役所が協働で共に支えあうまちづくりを進めていくための計画です。

最終更新日 2019年3月4日

緑区地域福祉保健計画・地域福祉活動計画「みどりのわ・ささえ愛プラン」とは

第1期 緑区地域福祉保健計画「みどりのわ・ささえ愛プラン」冊子表紙画像

策定について

計画策定のために11連合自治会単位で3回ずつ地区別意見交換会を開催し地域の課題やその解決策などについて皆さんの意見をお聴きしました。また各分野で活躍している団体に活動していく上での課題や将来像についてインタビューを行いました。
それらをとおして得られた貴重なご意見を、「つながり」、「人材・担い手」、「機会・場」、「情報」、安心・安全・健康」の5つのキーワードに分類し、各団体の代表者や公募委員、学識経験者からなる策定委員会で検討を重ね策定しました。
その結果、「誰もが安心して暮らし続けられる緑区をめざして~一人ひとりが主役・共に支えあうまちづくり~」を基本理念に5つの基本理念と15の小目標を設定しました。
さらに、区民3,000人以上を対象としたアンケートを実施し、計画推進の評価の指針としました。

緑区では区役所が中心となって策定する「地域福祉計画」と地域福祉の推進役となる緑区社会福祉協議会が策定する「地域福祉活動計画」と一体的に策定しました。
策定委員会の議題や区民啓発活動など、策定経過の詳細は第1期計画ができるまで(平成16年度から17年度まで)をご覧ください。

第1期「みどりのわ・ささえ愛プラン」のダウンロード

分割ダウンロード

  1. 緑区のすがた
  2. 緑区地域福祉保健計画・地域福祉活動報告とは
  3. 計画の特徴
  4. 策定の流れ
  1. 基本目標が導き出された経過
  2. 計画の基本理念と基本目標
  3. 気品目標別の課題と取り組み
    • 基本目標1(つながり)
    • 基本目標2(人材・担い手)
    • 基本目標3機会・場)
    • 基本目標4(情報)
    • 基本目標5(安心・安全・健康)
  1. すでに実施している区役所・区社協の取り組み
  2. 区社協の活動と地域福祉活動計画
  3. 計画を推進していくための事業
  4. 計画の推進体制
  1. 緑区の姿
  2. 地区別意見交換会の結果
  3. 分野別・団体別インタビュー結果
  4. 区民アンケート調査結果
  5. 策定委員会
  6. 緑区の主な福祉・保健施設
  7. 緑区での主な地域活動
  8. 用語説明

第1期「みどりのわ・ささえ愛プラン」概要版のダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

緑区福祉保健センター福祉保健課事業企画担当

電話:045-930-2304

電話:045-930-2304

ファクス:045-930-2355

メールアドレス:md-fukuho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:654-533-202

先頭に戻る