このページの先頭です
横浜市長林 文子― 共感と信頼の行政をめざして ―

市長トピックス 2020年4月

最終更新日 2020年5月14日

2020/4/28(火曜日)

横浜市新型コロナウイルス対策本部会議

  • 横浜市新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、最新の状況を確認するとともに、感染拡大の防止と生活における安全・安心の確保のためにまとめた補正予算案について報告を行いました。「市民と医療を守る」「375万市民のくらしを守る」「横浜の活力を守る」この3つの柱で補正予算による取組を進めてまいります。今後も必要な施策を講じるため、追加の補正予算の編成や、予備費の活用など、柔軟に対応してまいります。

横浜市新型コロナウイルス対策本部会議の様子

2020/4/17(金曜日)

「新型コロナウイルス感染症対策に関する指定都市市長会緊急要請」を政府・自由民主党に提出

  • 指定都市市長会会長として、政府・自由民主党に「新型コロナウイルス感染症対策に関する指定都市市長会緊急要請」を行いました。

菅内閣官房長官に要請書を手渡す様子 岸田政調会長に要請書を手渡す様子

鈴木総務会長に要請書を手渡す様子 金田幹事長代理に要請書を手渡す様子

(左上:菅内閣官房長官、右上:岸田政調会長、左下:鈴木総務会長、右下:金田幹事長代理)

2020/4/15(水曜日)

横浜市新型コロナウイルス対策本部会議

  • 「緊急事態宣言」が発出されてから一週間が経過し、対策本部会議を開催して最新の市内状況について確認しました。多くの市民の皆様に、外出自粛にご協力いただき大変感謝しております。引き続き、感染拡大について予断の許さない状況が継続しています。命を守り、家族を守り、社会を守る行動について、改めて市民の皆様や事業者の皆様へお願い申し上げるとともに、今後もこの難局を乗り切るために全力で取り組んでまいります。

横浜市新型コロナウイルス対策本部会議の様子

2020/4/9(木曜日)

新型コロナウイルス感染症に関する九都県市首脳によるテレビ会議

  • 緊急事態宣言の発出に伴い、九都県市の首脳と連携して現在の難局を抑え込むため、テレビ会議に参加し、市民の皆様に「皆様自身と大切な人を守るためにできる5つのこと」と題したメッセージをお伝えしました。改めて、市民の皆様には不要不急の外出の自粛、どうしても外出する際には「密閉」「密集」「密接」の3つの条件を避ける行動をとっていただくようお願いいたします。今後も引き続き、九都県市で連携して新型コロナウイルス対策に取り組んでまいります。

テレビ会議で話す林市長

2020/4/7(火曜日)

横浜市新型コロナウイルス対策本部会議

  • 横浜市を含む7都府県を対象地域とする「緊急事態宣言」が発出されたことを受け、本市では対策本部会議を開催しました。新型コロナウイルス対策のための本市の状況や現状の課題を改めて確認し、医療提供の体制や、市民の皆様が利用する施設等の対応方針について確認するとともに、市民の皆様や事業者の皆様に、命を守り、家族を守り、社会を守る行動について改めてご協力をお願いいたしました。引き続き、新型コロナウイルス対策に、横浜市役所の総力をあげて取り組んでまいります。

会議の様子

2020/4/3(金曜日)

横浜市新型コロナウイルス対策本部会議

  • 新型コロナウイルスの感染が全国的に拡大しており、横浜市でもいつ爆発的な感染拡大が起きるかわからない、予断を許さない状況のなか、横浜市新型コロナウイルス対策本部会議を開催しました。市内の新型コロナウイルスの状況や経済状況、公共交通機関の状況等を確認し、それを踏まえ、本市主催のイベントや市民利用施設、市立学校の対応について情報共有しました。

会議で話す林市長、副市長ら

2020/4/1(水曜日)

新型コロナウイルス感染症に関する九都県市首脳による緊急テレビ会議

  • 新型コロナウイルス感染症に関して、広域連携の観点から、九都県市での一層の連携強化を図るべく開催された緊急テレビ会議に参加しました。新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を防ぐため、九都県市が情報交換や意見交換を行い、緊急メッセージを発出しました。今後も刻一刻と変化する状況に九都県市が団結して対応するため、必要に応じて開催できるよう、申し入れていきます。

テレビ会議に参加する林市長 テレビ会議の様子

このページへのお問合せ

政策局秘書部秘書課

電話:045-671-2075

電話:045-671-2075

ファクス:045-641-2628

メールアドレス:ss-hisyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:172-767-741

市長 トピックス 2020年度のページ一覧

先頭に戻る