このページの先頭です
横浜市長の部屋 横浜市長山中竹春
横浜市長の部屋 横浜市長山中竹春

【新型コロナ】山中竹春横浜市長からの年末年始を迎えるにあたっての新型コロナウイルス感染症に関する市民の皆様に向けたメッセージ(令和3年12月24日)

最終更新日 2021年12月24日

動画(手話あり)

音声テキスト

 市民の皆様
 市長の山中竹春です。

 今年も、残すところあとわずかとなりました。
 現在、新型コロナウイルスの新規感染者数は大きく増えることなく推移しています。しかし、オミクロン株が、横浜市内でもすでに市中感染のフェーズに入っている可能性があり、非常に強い危機感を持っています。
 そのため、横浜市は、国の水際対策に加え、高齢者施設での3回目のワクチン接種を前倒しで実施していきます。
 年内には14施設で行い、年明けから準備の整った施設で順次行っていきます。

 今後、ワクチンの前倒し接種を迅速かつ着実に進めるため、初回接種時と同様の規模で、職域接種や自衛隊による大規模接種を実施していただけるよう、政府に要請していきます。

 また、医療提供体制もしっかり整えています。
 陽性患者さんのための病床は、現在、第5波の際に確保した病床数685床の24%増にあたる849床まで増床しています。 自宅療養者にオンライン診療などを行う見守り支援は、年内までに14区、1月には全18区で開始する予定です。

 年末年始は、各区の休日急患診療所や夜間急病センターに加え、発熱などの患者さんを診療してくださる約300の医療機関で対応いたします。また、24時間対応の「感染症コールセンター」では、これらの医療機関のご案内や、感染者と接触歴のある方の受診調整のほか、様々なご相談もお受けします。
 市民の皆様の命と暮らしをお守りするため、新型コロナウイルス対策にしっかりと取り組んでいきます。

 この時期は、忘年会・新年会をはじめ、ご友人との食事、旅行や帰省など、人と会う機会が多くなると思います。感染者数の急激なリバウンドを抑えるためには、皆様お一人おひとりの感染症対策が欠かせません。市民の皆様には、こまめな手洗い、マスクの着用、3密の回避、そして室内の十分な換気など、基本的な感染防止対策をお願いします。

 市民の皆様、健やかに年末年始をお過ごしください。

動画内で使用している資料

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

政策局シティプロモーション推進室広報課

電話:045-671-2349

電話:045-671-2349

ファクス:045-661-2351

メールアドレス:ss-web@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:484-404-447

市長メッセージ動画(個別ページ)のページ一覧

先頭に戻る