このページの先頭です

水道技術資料館

最終更新日 2019年3月14日

展示案内


水道技術資料館は、水道の技術的な資料の整理保存と技術の移り変わりをわかりやすく展示し、皆さんにご理解いただくための施設で、ご家庭で使われているメータのしくみもよくわかります。

  1. 明治の横浜
  2. 木樋水道
  3. 創設水道管
  4. 鋳鉄管
  5. 測量機器
  6. 鉛接合
  7. ハンドウインチ
  8. トロッコ
  9. 泥掻き寄せ機
  10. 鍛冶場模型
  11. 横浜の水系
  12. 水源林で使われる道具
  13. 導水管(鍛接鋼管)
  14. 水路橋模型
  15. 浄水場立体模型
  16. ジャ―テスト装置
  17. 沈でん池模型
  18. ろ過池・セラロッカ(セラミック膜ろ過システム)
  19. 消毒設備
  20. 水質管理
  21. さまざまな計器
  22. 配水施設模型
  23. 給水ブロックシステム
  24. 配水管とその変遷
  25. 配水管付属設備
  26. 管接合形式
  27. 事故と修理・ポンプ設備
  28. 管の更生工事
  29. 災害用地下給水タンク
  30. 漏水調査
  31. 地下埋設物台帳
  32. 獅子頭共用栓
  33. 明治・大正の給水装置
  34. 昭和初期の給水装置
  35. 現代の給水装置
  36. 水道メーター
  37. 現代・昭和初期・大正のメーター
  38. メーターのしくみ
  39. 工業用水道
  40. 工業用水道施設
  41. 横浜の港
  42. 船と水
  43. 世界を結ぶ横浜港
  44. 管の口径

水道技術資料館平面図の画像
水道技術資料館平面図


もくひ水道の展示ぶつ写真

2.木樋水道
横浜商人の手によって作られた木の樋を使った水道。

創設水道管の展示ぶつ写真

3.創設水道管
明治20年に完成。
英国から輸入された鉄管が布設された。

導水管(たんせつこうかん)の展示ぶつ写真

13.導水管(鍛接鋼管)
ドイツ・マンネスマン社製鍛接鋼管。

ろ過ち・セラロッカ(セラミックマクロカシステム)展示ぶつ写真

18.ろ過池・セラロッカ(セラミック膜ろ過システム)
微細な浮遊物は、砂と砂利の層を通して取り除かれます。

配水管ふぞくせつびの展示ぶつ写真

25.配水管付属設備
いろいろな配水管や継手など。

災害用地下給水タンクの展示ぶつ写真

29.災害用地下給水タンク
災害時の給水拠点として市内134か所に整備。また、MM地区には大型地下給水タンクを設置。

明治・大正の給水装置の展示ぶつ写真

33.明治・大正の給水装置
配水管の分岐から蛇口まで。

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

このページへのお問合せ

水道局浄水部水道記念館

電話:045-371-1621

電話:045-371-1621

ファクス:045-371-3270

メールアドレス:su-kinenkan@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:975-491-409

先頭に戻る