このページの先頭です

フロアガイド1F

最終更新日 2019年3月14日

横浜の歴史は水の歴史

わずか100戸足らずだった横浜村は、1859年の開港とともに、一躍国際交流の場として注目をあびるようになりました。
しかし、海を埋め立てて街がつくられたために、井戸を掘っても塩からくて、飲み水になりませんでした。

  1. ホール
  2. ウォーターパール
  3. 浄水場と給水区域
  4. 横浜水道物語・横浜水道の歴史(ロータリービジョン)
  5. 横浜の浄水場
  6. 水漉し機械
  7. ひしゃく一杯の水が・海が街になった
  8. 実らなかった木樋水道
  9. 三井用水取入所
  10. 昔の水道事務所
  11. 獅子頭共用栓
  12. パーマー像
  13. 横浜創設水道
  14. ふいごと測量機器
  15. 野毛山浄水場
  16. 富士山の水
  17. 消防がはじまった
  18. コレラ発生
  19. 明治後期の台所

1階フロア平面図の画像
1階フロア平面図


横浜水道物語・横浜水道の歴史(ロータリービジョン)の展示ぶつ写真

4.横浜水道物語・横浜水道の歴史(ロータリービジョン)
開港からの水道の歴史。

ひしゃく一杯の水が・うみが街になったの展示ぶつ写真

7.ひしゃく一杯の水が・海が街になった
水売りから買う、ひしゃく一杯の水が大変高額で貴重品でした。

実らなかったもくひ水道の展示ぶつ写真

8.実らなかった木樋水道
木でつくられた木樋水道は水が漏れたり塩分を含み安心して使えませんでした。

みいようすいとりいれじょの展示ぶつ写真

9.三井用水取入所
創設当時の取水所。野毛山浄水場まで44kmの導水路線が設けられました。

ししがしらきょうようせんの展示ぶつ写真

11.獅子頭共用栓
創設水道の蛇口(共用栓)。横浜の街の主な道路わきに設置されました。

横浜創設水道の展示ぶつ写真

13.横浜創設水道
横浜水道の計画・工事に係わった人たち。日本初の近代水道は明治20年完成。

のげやまじょうすいじょうの展示ぶつ写真

15.野毛山浄水場
横浜で最初に作られた野毛山浄水場。

富士さんの水の展示ぶつ写真

16.富士山の水
富士山に浸透した水が相模川へとそそぎ、現在の横浜の水源のひとつとなっています。

消防がはじまったの展示ぶつ写真

17.消防がはじまった
水道ができて現在のような消火活動ができるようになりました。

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

このページへのお問合せ

水道局浄水部水道記念館

電話:045-371-1621

電話:045-371-1621

ファクス:045-371-3270

メールアドレス:su-kinenkan@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:191-673-412

先頭に戻る