このページの先頭です

健康と水

最終更新日 2019年3月20日

Q
手洗いの効果はどのようなものですか?
A

手洗いとうがいは、インフルエンザ等の様々な感染症の予防の基本です。
手洗いは、手に付着したウイルスを洗い流し、口などからの侵入を抑制できます。

効果的な手の洗い方

手は、外で様々なものに触れて、想像以上に細菌等に汚染されています。目に見えない病原体が、手指に付いて口などから体内に入ることにより、感染を起こします。
そのため、水道水の流水で手を洗い、細菌等を洗い落とすことが感染症の予防になります。

手洗いの手順

  • 石けんを泡立て手のひらを合わせてよくこする。
  • 手の甲を伸ばすようにこする。
  • 指の先も片方の手のひらに円を描くように洗う。
  • 指を組み指の間をこすり合わせる。
  • 親指の付け根をねじり洗いで洗う。
  • 手首も忘れずに洗う。
  • 流水で泡と汚れをきれいに洗い流す。
  • 清潔なタオルで手を拭き乾かす。
Q
うがいの効果はどのようなものですか?
A

手洗いとうがいは、インフルエンザ等の様々な感染症の予防の基本です。
うがいは、既に口の中に入ったウイルスを排除します。水だけでうがいをしても効果があります。

効果的なうがいの方法

のども手と同じように外の空気に直接さらされている部分です。のどには多くの細菌等が付着しています。
水道水でうがいすることにより、細菌等を洗い落とし、のどの中にいる病原体を洗い流すため、口から体内に入る感染症の予防になります。

うがいの手順

  • 水を含み強くクチュクチュしながら2~3回洗い流す。
  • 上を向いて、のどの奥の方で10回くらいガラガラとうがいをする(15秒程度)。
  • 仕上げにもう一度ガラガラとうがいをする(15秒程度)。

インフルエンザ情報・感染性胃腸炎情報

Q
熱中症の予防法は?
A

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さをさけること」が大切です。
人間の体は約60~70パーセントが水分です。
水は、血液や体液となって体中に酸素や栄養を運び、細胞を組成する重要な要素です。
水分補給だけではなく、塩分を補給することや、暑さを避けることも重要です。

健康のため水をのもう

私たちが生きていくためには水は欠かせません。体内の水分不足すると、熱中症や脳梗塞、心筋梗塞などのさまざまな健康被害を引き起こす可能性があります。こうした健康被害の予防など、健康を維持するためには、こまめに水を飲むことが大切です。

水道に関するお問合せは、水道局お客さまサービスセンターへ

水道局お客さまサービスセンター

電話:045-847-6262 ファクス:045-848-4281
※おかけ間違いのないようご注意ください

このページへのお問合せ

水道局総務部総務課

電話:045-633-0130

電話:045-633-0130

ファクス:045-664-6774

メールアドレス:su-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:247-637-097

先頭に戻る