このページの先頭です

配水池(配水槽)における空間放射線量の測定について

最終更新日 2020年9月11日

水道水を貯めている配水池(配水槽)扉付近の空間放射線量を平成26年度まで測定していましたが、全ての施設において放射線量測定値が測定目安より低く、数値が安定しているため、平成27年度から測定は行っていません。

※横浜市における対応の目安は、地表から1cmについては0.59μSv/h、地表から1m及び50cmについては0.23μSv/hです。

測定位置

地上から1cm及び1mの位置において、それぞれの空間放射線量を測定

測定を行っていた施設(25施設)

川井浄水場管轄の配水池(1施設)

川井4号

西谷浄水場管轄の配水池及び配水槽(13施設)

牛久保、港北、鶴見、菅田、竹山高区、野毛山、平楽、仏向、今井、磯子、汐見台、恩田、三保

小雀浄水場管轄の配水池及び配水槽(11施設)

小雀2・5号、高塚、上永谷、峰、港南台、金沢、能見台高区、能見台低区、富岡、矢指、中尾

上記施設の各1か所(合計25か所)で測定を実施

※平成26年10月の測定より、管轄が一部変更。
※平成24年6月までは、上記施設のうち合計82か所で測定を実施。

測定機器

環境放射線モニタ「Radi」(PA-1000)(Cs(TI)シンチレーション検出器)(株式会社 堀場製作所製)

このページへのお問合せ

水道局浄水部浄水課

電話:045-671-3544

電話:045-671-3544

ファクス:045-212-1158

メールアドレス:su-josui@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:585-457-035

先頭に戻る