このページの先頭です

水道管等に使用された塗料に関する不適切な行為への対応について

一部新聞で、塗料メーカーによる水道管用塗料に関する不適切な行為と、それに伴う製品の出荷停止が報道されております。この事案に対する横浜市水道局の対応等については、次のとおりです。

最終更新日 2022年1月17日

1 不適切行為の概要

地震に強い水道管として、全国的に広く使用されている水道用ダクタイル鋳鉄管に使用されている塗料について、公益社団法人日本水道協会(以下「日本水道協会」という。)の規格(JWWA K 139)の認証を不正に取得した疑いがあるというものです。
このことについて、日本水道協会では、不適切行為の内容を次のとおり公表しています(日本水道協会ホームページ(外部サイト))。
①JWWA規格認証取得時に、同規格で規定されている試験条件と異なる条件で得られた試験結果により認証を取得した。
②JWWA規格認証品の中に指定外原料が使用されているものがある。

2 日本水道協会の対応

日本水道協会では、塗料メーカーへの立入調査などを行い、塗料の安全性を確認しているところです。また、現在出荷が自粛されている水道管についても、今後、安全性が確認されたものから順次出荷する見込みとしています (日本水道協会ホームページ(外部サイト))。

3 水道局の対応

①ダクタイル鋳鉄管の塗装と塗料の使用状況

問題となる塗料は、主にダクタイル鋳鉄管の外面に使用されるものですが、一部管の内面や接合部品に使用されていることを確認しています(下図参照)。

ダクタイル鋳鉄管の画像



②水道水質について

水道局では、定期的に市内一円の給水栓における水質検査を実施しておりますが、すべて水質検査で異常は認められておりません(水道局ホームページ掲載2022.01.11)。

③水道工事について

水道工事については、事態が発覚した1月11日からダクタイル鋳鉄管を使用するすべての工事を中断しています。引き続き情報収集に努め、工事再開を適宜判断します。
ただし、突発的な漏水事故等の対応については、道路陥没など二次災害防止の観点からも水質に注視しながら原則として行います。
水道局では、ダクタイル鋳鉄管製造メーカー各社へ出荷自粛要請解除後も安定した出荷を実現するよう要請しております。
水道局では、市内の水道水の安全性をしっかりと確認するために、日本水道協会や全国の水道事業体と連携し、情報収集に努め、適切に対応してまいります。

水道水質に関するお問合せ
横浜市水道局浄水部水質課
電話番号:045-371-5656 ファクス:045-371-6942

水道管材料や工事に関するお問合せ
横浜市水道局配水部配水課
電話番号:045-671-3065 ファクス:045-212-1167

給水装置工事に関するお問合せ
横浜市水道局給水サービス部給水維持課
電話番号:045-671-3069 ファクス:045-212-1167

このページへのお問合せ

水道局配水部配水課

電話:045-671-3064

電話:045-671-3064

ファクス:045-212-1167

メールアドレス:su-haisui@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:615-224-625

先頭に戻る