このページの先頭です

市民の皆様へ:猫の不妊去勢手術推進事業

最終更新日 2019年9月11日

申請の手順

詳細は、猫の不妊去勢手術推進事業チラシをご参照ください。
1 動物病院の選択
  「猫の不妊去勢手術推進事業登録動物病院名簿(PDF:147KB)」から、手術を実施する動物病院をお選びください。
  事前に必ずお電話で手術の予約をし、その際に横浜市の補助金を申請することもお伝えください。
2 申請書類
(1)各区福祉保健センター生活衛生課の窓口などのほか、下記からダウンロードできます。
(2)登録動物病院で不妊去勢手術と耳カットを実施し、手術後に動物病院記載済の「不妊去勢手術実施証明書」と「領収書」を
 もらいます。
  「不妊去勢手術実施証明書」に猫の個体No.を記入し、領収書はコピーを1通用意してください。
  なお、「不妊去勢手術実施証明書」は、あらかじめ申請者記入事項を記入したものを、不妊去勢手術実施時に登録動物病院に
提出してください。
(3)手術後の対象猫の特徴と耳カットが確認できるカラー写真を撮ってください(カメラは申請者様がご用意ください)。
  手術後の写真撮影が難しい場合は、動物病院にご相談ください。
3 申請方法
  申請書類をそろえ、区福祉保健センター生活衛生課または横浜市動物愛護センターの窓口に申請してください。
  補助金が振込まれるまで、申請書の控えは大切に保管してください。
  なお、代理人が申請することも可能です(委任状が必要です)。
  郵送、FAX、電子メールでの申請はできません。
4 補助金の交付(不交付)決定 
  横浜市動物愛護センターから申請者様あてに、補助金交付決定通知書(または、補助金不交付決定通知書)を郵送します。
  (申請してから2~3か月程度)
  その後1か月程度で、申請者様の口座に補助金をお支払いします(申請から支払いまで3~4か月程度かかります)。
  ※年末年始や申請が集中する時期は、お支払までに時間がかかる場合があります。

申請に必要な書類・持ち物

1 申請書3通(正本1通、コピー2通)。
  すべてに朱肉印を押印してください。
2 申請金額内訳書(1通)
  2頭以上申請の場合に必要です。
3 委任状
  代理人申請の場合に必要です。
4 登録動物病院発行の手術実施証明書(原本)
  次の手順で書類を作成してください。
(1)手術実施証明書様式を入手し、申請者の住所、氏名、電話番号、対象猫の毛色・柄、捕獲場所を記入する。
(2)手術時に動物病院に提出する。
(3)手術後、動物病院記載済の証明書として発行してもらう。
(4)同時に申請するすべての猫で連番となるように、猫の個体No.を記入する。
5 登録動物病院発行の領収書(原本とコピー1通)
  必要事項の記載(発行日、手術実施日、猫の性別、1頭ごとの手術金額、動物病院名、動物病院の所在地)があること。
  あて名が申請者のフルネームで誤りがないことを、領収書受領時に必ず確認してください。
6 対象猫のカラー写真
  L版(8.9×12.7cm)8.9×12.7cm)以上の大きさのものを1枚以上用意してください。
  手術後の耳カットした頭部全体、顔や体の毛色・柄など個体全体の特徴が確認できること。
7 本人確認書類(原本)
  現住所の記載がある公的機関発行のもの。
  代理人申請の場合、申請者の本人確認書類(原本かコピー)と代理人の本人確認書類(原本)が必要です。
  ※代理人は横浜市民でなくても可
8 朱肉印
  書類を訂正する際などに必要です(シャチハタ等の浸透印、ゴム印は不可)。

チラシ・申請書のダウンロード

個人で申請される方

自治会・町内会で申請される方

猫の不妊去勢手術推進事業登録動物病院

関連ページ

お問い合わせ先

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

健康福祉局健康安全部動物愛護センター

電話:045-471-2111

電話:045-471-2111

ファクス:045-471-2133

メールアドレス:kf-douai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:110-737-662

先頭に戻る