このページの先頭です

マンションの共用部等のバリアフリー化補助

建物の老朽化や住民の高齢化が進む分譲マンションについて、廊下や階段などの共用部または敷地内の段差解消や手すりの設置等の工事費用を一部補助します。

最終更新日 2024年2月9日

【事業に関するご相談等は、電話及びメールにてお問合せください。】

令和5年度の申込は終了しました

  • 追加で募集が可能になった場合は随時お知らせします。
  • 次年度以降の申請のご相談は随時受け付けています。
  • 追加募集や次年度以降の申請に関するご相談は、建築局住宅再生課(このページのお問い合わせ先)までご連絡ください。

事業の概要について

事業の概要を知りたい方、申請を行う方はこちらをご確認ください。
令和5年度の補助事業のご案内(PDF:630KB)
なお、本補助事業の対象は分譲マンションの共用部のみです。
本補助事業はマンション専用部には利用できません。
※介護保険の要支援者、要介護者の方は、マンションの専用部の改修に対する下記の補助事業を利用できる場合があります。
介護保険の住宅改修費について

補助対象工事

マンションの共用部又はその敷地のバリアフリー整備

以下の全てに該当するものを補助対象とします。

  • 分譲マンションの共用部又はその敷地における、移動等円滑化経路等に関係する施設のバリアフリー整備
  • 横浜市福祉のまちづくり条例 施設整備マニュアルにおける施設整備基準に適合したもの

対象施設一覧

対象施設一覧
移動等円滑化経路等に関係する施設
敷地内の通路駐車場出入口
廊下等階段傾斜路
エレベーター等トイレ浴室等
標識(トイレ、駐車場等)案内設備(トイレ等) 

工事例

  • マンション内の階段の手すりの設置工事
  • エントランスの階段やスロープの手すりの設置工事
  • 階段の一段の高さ(蹴上)を低くする工事
  • 道路からエントランスまでの歩道をブロックからアスファルト舗装に変更する工事 など

整備基準の確認方法

  図は施設整備マニュアル編(共同住宅以外)をご参照ください。

補助要件

補助金額

バリアフリー化等工事に要する費用の3分の1(上限30万円)

消費税相当額を除いた、バリアフリー化等工事に要する費用の3分の1(千円未満の端数切り捨て)
※1 補助金額は1管理組合当たり30万円を限度とします。
※2 手すり設置に係る工事の場合は、1管理組合当たり30万円又は住戸1戸当たり8,000円のうち低い額を限度とします。

申込について

申込期間

令和5年度の申込は終了しました。
参考 令和5年度申込期間 5月15日から7月14日まで

手続きの流れ

工事契約前

  1. 事前相談
  2. 横浜市マンション登録制度へ登録
  3. 事業計画書の提出
  4. (申請件数が多い場合)抽選
  5. 市から事業計画承認通知書の交付

工事契約~工事着手~完了

工事完了後

  1. 工事完了報告書・補助金交付申請書の提出
  2. 市から補助金交付決定通知書の交付
  3. 補助金交付請求書の提出
  4. 市から補助金の交付

提出書類

申請し、市より補助金の計画承認を受ける前に契約したものは補助金の対象となりません!

工事契約前に提出するもの

申請する方は、令和5年度の補助事業のご案内(PDF:630KB)をご確認ください。
可能な限りメールにて、申請書類の事前確認を行ってください。その際、審査を円滑に行うためメールに管理組合名、お電話番号を記載してください。

工事完了後に提出するもの

  • 工事完了報告書・補助金交付申請書(ワード:19KB)
  • 完成写真(事業計画書に添付した写真と同様の角度から撮影した写真)
  • 工事請負契約書等の写し(工事費用内訳書を含む。なお、発注書及び請書でも可。)
  • 領収書等の写し(工事事業者が発行した、管理組合が工事費用を支払ったことを証する書類)

必要書類を提出する方は、工事完了後の手続き(PDF:868KB)をご確認ください。

補助金の請求時に提出するもの

必要書類を提出する方は、補助請求の手続き(PDF:736KB)をご確認ください。

参考

要綱・要領

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

建築局住宅再生課

電話:045-671-2954

電話:045-671-2954

ファクス:045-641-2756

メールアドレス:kc-jutakusaisei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:509-268-454

先頭に戻る