このページの先頭です

平成26年度夏の電力不足対策-資源循環局の取組み

最終更新日 2019年1月24日

夏の電力不足対策-資源循環局の取組み

横浜市役所では、夏の電力不足対策(7月~9月)として、

本市施設の削減目標:使用最大電力を平成22年度比-10%

を策定しています。

そこで、資源循環局の焼却工場では、以下の取組みを行っています。

資源循環局の焼却工場での取組み

取組事項

目標

土日及び平日夜間の焼却量を減らし、電力需要が増加する平日昼間の焼却量を約10%増やして平日昼間の発電量を増やします。
(1日トータルでの焼却量は変わりません。)

電力需要ピークの発電量を10%増加します。
4工場合計+4,400kWアップします。
(約3,300世帯の夏場ピーク時消費電力に相当)
※基準値は平成22年度実績に基づきます。

取組み結果

取組み結果

基準平均発電電力
(平成22年度基準)

4工場合計

41,478kW

7月分データ

対象工場

7月前期(7月1日から7月15日まで)

7月後期(7月16日から7月31日まで)

4工場合計平日昼間時間帯
平均電力(kW)
アップ量
(kW)
平日昼間時間帯
平均電力(kW)
アップ量
(kW)

43,066kW

+1,588kW(注釈)

44,741kW

+3,263kW

注釈:工場設備の故障により、一時的に発電量が減少しています。

8月分データ

対象工場

8月前期(8月1日から8月15日まで)

8月後期(8月16日から8月31日まで)

4工場合計平日昼間時間帯
平均電力(kW)
アップ量
(kW)
平日昼間時間帯
平均電力(kW)
アップ量
(kW)

43,908kW

+2,430kW(注釈)

43,164kW

+1,686kW(注釈)

注釈:工場設備の故障により、一時的に発電量が減少しています。

9月分データ

期間

9月前期(9月1日から9月15日まで)

9月後期(9月16日から9月30日まで)

4工場合計平日昼間時間帯
平均電力(kW)
アップ量
(kW)
平日昼間時間帯
平均電力(kW)
アップ量
(kW)

45,142kW

+3,664kW

46,062kW

+4,584kW

このページへのお問合せ

資源循環局適正処理計画部施設課

電話:045-671-2518

電話:045-671-2518

ファクス:045-664-9490

メールアドレス:sj-shisetsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:794-690-707

先頭に戻る