このページの先頭です

土壌混合法

最終更新日 2019年3月19日

用意するもの:プランター4個・細かく切った生ごみ・土
こちらを混ぜるだけ簡単に出来ます。

準備するもの

風景1
プランター、土、あると便利な物
(シャベル、ふるい、手袋など)


手順1,2,3

風景1

1.この土に生ごみを入れます
(事務所にあるプランターの土を使いました)

風景2

2.生ごみを入れたら混ぜて、土を被せていきます
(事務所から出た食べ残しを頂きました)

風景3

3.プランター1つ、一週間で一杯が目安、全体を時々(週1,2回)混ぜましょう


手順4,5,6

風景1

4.時々混ぜながら3週間寝かせましょう。蓋や新聞紙をかけると雨や直射日光を防ぎます
(特に雨は気を付けましょう、水分が多くなると臭いが出る可能性があります。)

風景2

5.白いカビは白色腐朽菌、好ましい状態です。熱は発酵熱で発酵が進んでる証拠
(混ぜる時は一緒に混ぜて下さい)

風景3

6.3週間立ったら、ふるいを使い分解出来てないものと土を分けプランターから空にして
再び手順1に戻りましょう!


土壌混合法Q&A
Q.最初はどんな土で始めればいいの?
A.要らなくなった古い土、どんな土でも構いません。

Q.庭や畑でも大丈夫?
A.大丈夫です、横堀方式(浅い溝を掘る方法)の方が失敗はないそうです。

Q.毎日かき混ぜるべきですか?
A.毎日が好ましいですが、週に1,2度でも大丈夫です。土の固まりは崩しましょう。

Q.好ましい土の水分量はどれくらい?
A.片手で土を握って水が浮き出る程度が好ましいです。

Q.白いカビが生えてきました、大丈夫ですか?
A.大丈夫です。白色腐朽菌と言って発酵が進んでる状態です。

土壌混合法については、南区役所のページにも掲載されていますので、そちらもご覧ください。

他にもダンボールを活用したやり方もあります。

研修会の様子

風景1

皆さんの前で、職員が実演で説明

風景2

みなさんとても興味をもっていただき、色々な質問がありました。

風景3

みなさん楽しみながら学ばれていました!

土壌混合法講習会2016年10月26、31日

土壌混合法の説明会が南区役所7階で行われました。
土壌混合法にチャレンジしてみませんか、と言う事で実際に職員が土壌混合法について
やり方の説明をし、実演にて参加者の方に講習を行いました。

説明会1

まずは土壌混合法のやり方の流れを、質問を交えながら説明していきました。
興味を持っていただいて色々な質問がでました。


説明会2

実際どのような形で分解されていくのか来ていただいた方に分かりやすいよう写真と準備道具を使い、説明していきます。


説明会3

説明の後、実際に土壌混合法のやり方を実演、体験していただきました。
やってみると簡単、という声が多かったです。
実際既にやっている方も、これくらいで良いのね、と再確認して貰いました。


説明会1

最後に実際、土壌混合法を行いどういう土になっていくのか、発酵状態などを見てもらい土の変化の過程を見ていただきました。


南区のロゴ

イーオ&ミーオ

前のページに戻る

ページID:768-516-198

先頭に戻る