このページの先頭です

<取り残しについて>

最終更新日 2021年4月26日

取り残されたものは?

平成22年度から新たにスタートした「G30のその先へ ヨコハマ3R夢」ですが、燃やすごみと資源物が分別されずに出されていることがあります。
ごみと資源が分別されていない場合などは、以下のようなシールを袋に張り付け取り残しを行っています。

分別せずに出されたごみ

例) 缶・びん・ペットボトル・プラスチック製容器包装の混入
このような場合は、分別啓発として黄色いシールを貼って取り残しをします

収集曜日を間違えて出された資源物

例) 曜日を間違えて出された場合、青いシールを貼って取り残しをします

ごみと資源の分け方・出し方を守りましょう

分別ルールを守って、きれいな集積場所にしましょう!

混入されているもので多いものは?

紙類が特に混入されています
新聞・雑誌・段ボール・その他の紙をきちんと分別してください

※その他の紙とは?
 お菓子の外箱・レシート・たばこの外箱・ティッシュの外箱・トイレットペーパーの芯等
 大切な資源となります

 

粗大ごみについて

粗大ごみ取り残しシール

間違えて粗大ごみ(申し込みなし)が出されていた場合は、このシールを貼っています。



ごみの分別のご協力
取り残しのない     集積場所にしましょう   ごみの分別に     ご協力ください

このページへのお問合せ

資源循環局家庭系対策部神奈川事務所

電話:045-441-0871

電話:045-441-0871

ファクス:045-441-5938

メールアドレス:sj-kanagawaj@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:697-774-704

先頭に戻る