このページの先頭です

浄化槽

最終更新日 2019年5月16日

浄化槽指導基準(令和元年5月16日更新)

令和元年5月16日より、浄化槽設置届出書(設置計画書)の提出の際に「浄化槽法定検査申込書」の提出ができるようになりました。詳しくは「浄化槽 届出」のページを参照してください。

  • 公共下水道が整備されていない地域で、水洗トイレを使用し浄化槽を設置するときは、浄化槽設置の手続が必要です。その他、浄化槽設置工事が完了したときや、浄化槽を廃止したときなどにも手続が必要です。

注)浄化槽設置届出書、浄化槽変更届出書を提出しない場合には、3ヶ月以下の懲役又は、50万円以下の罰金に処せられます。

  • 届出をされても、構造の基準に適合しない場合には、届出の変更又は廃止を命じられます。それに従わない場合には、3ヶ月以下の懲役又は、50万円以下の罰金に処せられます。
  • 浄化槽は微生物の働きで汚水をきれいにする設備です。放流水質の悪化や悪臭を発生させないためには、日常の維持管理が大切です。浄化槽を管理されている方には、保守点検、清掃の実施、及び、法定検査の受検が義務づけられています。(浄化槽法)

注)浄化槽法の保守点検、清掃をするように改善命令をされたのに従わない場合には、6月以下の懲役、又は100万円以下の罰金に処せられます。

  • 設置後又は年に1度の法定点検を受けるべき旨に応じず、その後の命令にも応じない場合には、30万円以下の過料が科せられます。

浄化槽清掃業者
法定検査指定検査機関

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

資源循環局事業系対策部一般廃棄物対策課

電話:045-671-2547

電話:045-671-2547

ファクス:045-663-0125

メールアドレス:sj-jokaso@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:399-942-175

先頭に戻る