このページの先頭です

【イベントは終了しました】WORLD FOOD NIGHT 2019 in 横浜

食の問題を解決するアクションを一緒に考えてみませんか?

最終更新日 2019年10月29日

実施レポート

WORLD FOOD NIGHT とは

10月16日は国連が定めた「世界の食料問題を考える日」である世界食料デー。世界中で問題となっている、食品ロス・飢餓などの食料問題について私たちに何ができるでしょうか?
世界の食料問題の解決に向けて、何か行動している人は活動を共有する場として、これから何か始めたいと思っている人はそのヒントを見つける場として、ぜひお気軽にご参加ください!

イベントのポイント

① アクションを起こしている人の言葉
食品ロス削減、飢餓、国際協力、食育等に取り組んでいる方から「取組に対する思い・きっかけ」、「最新の情報」などを聞くことができます。

② 同じような思いを持つ人との交流
プレゼンターや他の参加者と言葉を交わしたり、あなたの想いを伝えたりすることで、新しいアイデアや行動のヒントが得られます。

世界食料デー月間とは

「世界食料デー」月間

10月16日の世界食料デーをきっかけに、飢餓や食料問題について考え、解決に向けて一緒に行動する1か月です。
日本では2008年から「世界食料デー」のある10月を「世界食料デー」月間とし、日頃から飢餓や食料問題の解決に向けて活動するNGO/NPO、国連機関が共同で情報発信を行っています。

食料問題の現状

世界ではすべての人が食べられる量の食料が生産されているのに、9人に1人が十分に食べられていません。
一方で、世界では生産された食料の1/3が捨てられています。

貧困や格差、気候変動などのさまざまな問題の解決を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」では、2030年までに「飢餓をゼロに」することや、フードロスを減らすことを目指していますが、世界を変えるためにはたくさんの人の行動が必要です。

イベント詳細

日時

2019年10月4日(金曜日)19時~21時(開場18時30分)

場所

BUKATSUDO HALL
(横浜市西区みなとみらい2-2-1ランドマークプラザ地下1階)

対象

食品ロスや食料問題に関心のある方(学生、会社員、NGO/NPO職員など)

プログラム

18:30 受付開始
19:00‐19:05 開会・趣旨説明
19:05‐20:05 プレゼンターによる取組紹介
20:05‐20:50 プレゼンター・参加者を交えた交流会 軽食あり
20:50‐21:00 「世界食料デー」月間紹介
21:00 閉会

プレゼンター一覧

・平井巧(ひらいさとし)さん
株式会社honshoku代表/一般社団法人フードサルベージ代表理事/東京農業大学非常勤講師
SP広告代理店、IT関連会社を退社後、食のプロデューサーとして活動。食のクリエイティブチームhonshokuでは、「食卓に愉快な風を。」をキーワードに、東京表参道でごはんの祭典「ごはんフェス」のプロデュース、オリジナルブレンド米の開発と販売など展開中。2016年に食品ロスの再生プロデュースを手がけるFood Remix Company一般社団法人フードサルベージを設立。

・藤田誠(ふじたまこと)さん
公益社団法人フードバンクかながわ事務局長
かながわ生協に入職後、福祉部門において長きにわたり活躍。2017年に神奈川県生活協同組合連合会においてフードバンクかながわの設立準備に携わり、2018年公益社団法人フードバンクかながわ事務局長に就任。 以来、フードバンクの活動を通して地域の助け合いの社会づくりを進めるとともに、貧困や食品ロスの解決を目指している。

・飢餓のない世界をつくるために活動する国際協力NGO職員

共催

横浜市資源循環局、「世界食料デー」月間2019

お問い合わせ

横浜市資源循環局(担当:高橋、大村)
Email:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp
TEL:045-671-3593

過去のイベントレポート

WORLD FOOD NIGHT 2018

WORLD FOOD NIGHT 2017

このページへのお問合せ

資源循環局政策調整部3R推進課

電話:045-671-3593

電話:045-671-3593

ファクス:045-550-3510

メールアドレス:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:666-687-818

先頭に戻る