このページの先頭です

フードバンク・フードドライブ活動の推進

食べ物の「もったいない」を「ありがとう」へ

最終更新日 2019年7月9日

横浜市の家庭から出される燃やすごみの中には、食品ロスと言われる何も手がつけられず廃棄された「手つかず食品」が年間2万トンも含まれています。横浜市では、この食品ロス削減の取組として、フードバンク団体等と連携しイベント等でのフードドライブの実施や、小売店舗など身近な場所で食品を寄附できる環境づくりを進めています。この取組を通じて、各ご家庭で購入した食品やお中元・お歳暮等でいただいたものなど、常温で保存している食品の在庫と期限の確認の習慣づけを促し、自分で消費しきれない食品は早めにフードドライブに提供することで、食品ロスの削減を目指しています。

フードバンクとは?

 フードバンクとは、各家庭や食品を取り扱う企業から、まだ安全に食べられるのに廃棄されてしまう食品を引き取り、福祉施設等へ無償で提供する団体・活動を言います。

フードドライブとは?

 フードドライブとは、各家庭で使い切れない未使用食品を持ち寄り、それらをまとめてフードバンク団体や地域の福祉施設・団体などに寄贈する活動を言います。
 なお、横浜市ではフードバンク団体及び社会福祉協議会を通じて、地域の福祉施設や食を必要としている方に寄贈しています。

フードドライブ実績

令和元年度の食品回収実績
イベント名 サッカー観戦でフードドライブに参加しようin日産スタジアム
実施日 5月26日 日曜日
重量 42.0kg(132点)

平成30年度の食品回収実績
イベント名 各区区民まつり等 「世界食料デー」月間2018シンポジウムin横浜 サッカー観戦でフードドライブに参加しよう
in日産スタジアム
実施日 9月から11月 11月10日 土曜日 12月1日 土曜日
重量 130.5kg 12.2kg 42.8kg

集めた食品は、区社会福祉協議会や市内フードバンク団体を通じて、こども食堂や無料で学習支援をする場所、ひとり親家庭など、様々な方々や支援団体へ寄附を行いました。

市内で活動しているフードバンク団体

食品や活動資金等の支援については、各団体ホームページをご覧ください。

このページへのお問合せ

資源循環局政策調整部3R推進課

電話:045-671-3593

電話:045-671-3593

ファクス:045-550-3510

メールアドレス:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:517-938-282

先頭に戻る