このページの先頭です

関内地区景観計画(原案)及び関内地区都市景観協議地区(原案)の縦覧

最終更新日 2019年3月12日

関内地区景観計画(原案)及び関内地区都市景観協議地区(原案)の縦覧(終了しました)

横浜市では、開港以来、横浜の中心地として発展してきた歴史ある関内地区の景観を、より魅力あるものにしていくため、都市景観形成のガイドラインを検討してきました。
このガイドラインにある指針や基準は、景観条例に基づく「都市景観協議地区」と、景観法に基づく「景観計画」として、それぞれ定める予定です。
現在策定中の「関内地区景観計画」の原案及び、「関内地区都市景観協議地区」の原案について、縦覧を行います。
なお、縦覧期間中に、「関内地区景観計画(原案)」又は「関内地区都市景観協議地区(原案)」に対する意見書を受け付けます。

縦覧の内容

(1)景観計画原案及び都市景観協議地区原案に係る区域
中区 関内地区

(2)原案の概要

  • 関内地区景観計画

景観計画計画書(PDF:364KB)
景観計画計画図(PDF:3,620KB)

  • 関内地区都市景観協議地区

都市景観協議地区(PDF:235KB)
都市景観協議地区図(PDF:2,821KB)

(3)閲覧の概要
公述意見の要旨と景観行政団体(市)の考え方(PDF:250KB)

原案の縦覧期間及び意見書の受付期間(終了しました)

平成19年5月7日(月曜日)から平成19年5月21日(月曜日)まで(土・日・祝日は除く)
午前8時45分から午後5時15分まで

意見書を提出できる方(終了しました)

意見書を提出できる方は、本市に住所を有する方又は利害関係者です。(法人を含む。)

意見書の提出方法(終了しました)

意見書は、「景観計画」もしくは「都市景観協議地区」について、それぞれの様式に記入の上、提出してください。
意見書は、意見、意見の区分、案件名【「関内地区景観計画」または「関内地区都市景観協議地区」のいずれかを記入】及び住所・氏名等を記入した「意見書」を持参または郵送(2の受付期間中必着)で提出してください。
ファックスやEメールでは受付を行いませんのでご注意ください。
「意見書」の用紙は、都市整備局都市づくり部都市デザイン室(市庁舎6階)で配布するほか、このページからダウンロードできます。

縦覧場所、意見書提出先、お問合せ先(終了しました)

横浜市都市整備局都市づくり部都市デザイン室(市庁舎6階)
〒231-0017 横浜市中区港町1-1
TEL:045-671-2023 FAX:045-663-8641(FAXはお問合せのみ)

今後のスケジュール(参考)


5月7日から21日まで 原案の縦覧

用語解説

魅力ある都市景観の創造によって、地域の個性と市民等の豊かな発想が調和した、人をひきつける質の高い都市の実現を図ることを目的として定めた条例です。(→条例本文

横浜市魅力ある都市景観の創造に関する条例に基づき、区域や魅力ある都市景観を創造するための方針、行為に関する設計の指針(行為指針)などを定めたものです。地区内においては、あらかじめ定めてある方針や行為指針に基づき事業者と横浜市が創造的な協議を行い、質の高い都市景観の創造を目指します。

都市、農山漁村等における良好な景観の形成を図るため、基本理念や国、自治体等の責務を定めるとともに、景観計画や景観協定等を自治体が独自に定めることができます。(→国土交通省 景観法のホームページへ(外部サイト)

景観法に基づき、地域の景観形成に応じて、区域や良好な景観の形成のための方針、建築物の建築等に対する基準(景観形成基準)等を定めます。区域内において建築物の建築等を行う場合は、横浜市への届出が必要となります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局都心再生部都心再生課

電話:045-671-2673

電話:045-671-2673

ファクス:045-664-3551

メールアドレス:tb-tosai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:881-345-260

先頭に戻る