このページの先頭です

地域まちづくりルール区域内において建築行為等を行う際の手続

最終更新日 2022年7月1日

地域まちづくりルールの区域内で建築等を行う際は地域との協議をお願いします

地域まちづくりルールとは、地域住民によって結成された地域まちづくり組織を中心に、建築物に関する決まりのほか、まちの美観や住みやすさにかかわる決まり事を定めたもので、条例に基づき市が認定をしています。
このルールが定められた地域内で建築等を行う際は地域まちづくり組織との協議などの手続きを行う必要があります。
※協議が必要な行為は地域によって異なります。

建築等の行為を行う際の手続きの流れ

1.地域まちづくり組織(地元組織)との協議

各地域まちづくりルールごとに定められた手続きを要する行為を行う場合は地元組織と協議を行い、協議を行った旨の書類をもらって下さい。
協議書や必要書類などは地域まちづくり組織にご確認ください。

行為の種類

  1. 建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第13号に規定する建築
  2. 都市計画法(昭和43年法律第100号)第4条第12項に規定する開発行為、宅地造成等規制法(昭和36年法律第191号)第2条第2号に規定する宅地造成その他の土地の区画形質の変更
  3. 工作物(建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第1号に規定する建築物(以下「建築物」という。)を除く。以下同じ。)の建設及び設置
  4. 建築物又は工作物の外観の変更
  5. 土地又は建築物の用途の変更
  6. 木竹の植栽又は伐採
  7. 屋外における物件のたい積
  8. 屋外広告物法(昭和24年法律第189号)第2条第1項に規定する屋外広告物の表示及び屋外広告物を掲出する物件の設置
地域まちづくり組織と手続きが必要な行為
地域まちづくりルール 手続きを要する行為

地域まちづくりルール

手続きを要する行為
藤和フレッシュタウン希望ヶ丘1街区まちづくり指針 1,2,3,4,5 領家地区まちづくり指針 1,2,3,4,5,6,7,8
明るい街コミュニティ戸塚ルール 1,2,4,8 東海道戸塚宿まちづくりルール 1,2,4
東山田準工地域まちづくり協定 1,5 洋光台六丁目南地区地域まちづくりルール 1,2,3,4,5,7
六角橋商店街地区まちづくりルール 1,5 メール・ド磯子まちづくりルール 1,2,5
大倉山エルム通り街づくり協定 1,2,3,4,5,8 滝頭・磯子地区地域まちづくりルール 1,2,3,5
丸山台まちづくりガイドライン 1,2,3,4,5,6,8 幸浦MDC地区まちづくり協定 1,2,3,4,5,6,7,8
金沢産業団地土地使用協定 1,2,3,4,5 湘南桂台まちづくり指針 1,2,3,4,5,7,8
浜マーケット地区地域まちづくりルール 1,2,3,4,5,7,8 元町仲通り地区街づくり協定 1,3,4,5,8
元町通り街づくり協定 1,3,4,5,8 元町町づくり協定 1,3,4,5,8
馬車道まちづくり協定 1,2,3,4,5,8 大口通地区まちづくり協定 1,2,3,4,5
荏田北二丁目まちづくり協定 1,2,3,4,5,6,7,8    

2.市へ地域と協議を行ったことの届出

建築確認、開発許可、認定の申請をしようとする日又は建築等の工事に着手する日の最も早い日の30日前までに、下記の届出書に加え、地域まちづくり組織との協議を行ったことを示す書類、設計図書などを添えて横浜市に届け出てください。

届出必要書類

(1)建築等行為届出書(ワード:33KB)
(2)地域との協議を示す書類
(2)位置図
(3)建築図面(地域まちづくりルールに適合していることを確認できる事項を記載)
(4)その他市長が必要と認める書類(指定が無い場合は不要です。)

電子申請システムによる手続

市への届出は電子申請システムでも行えます。
電子申請ではフォームに必要事項を入力することで建築行為届出書の表紙が完成しますので、上記(2)以降の書類を添付してしてください。
地域まちづくりルール区域内建築等行為届出フォーム(外部サイト)

このページへのお問合せ

都市整備局地域まちづくり部地域まちづくり課

電話:045-671-2939

電話:045-671-2939

ファクス:045-663-8641

メールアドレス:tb-chiikimachika@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:179-207-251

先頭に戻る