このページの先頭です

横浜市景観計画(変更の素案)及び山手都市景観協議地区(素案)の説明会の開催について(終了しました)

最終更新日 2020年6月24日

「横浜市景観計画(変更の素案)」及び「山手地区都市景観協議地区(素案)」の内容や今後の手続について、以下のとおり説明会を開催します。

開催日時(終了しました)

平成30年10月15日(月曜日)午後7時開始(午後6時30分開場・受付開始)

会場

横浜市開港記念会館2階6号室(中区本町1丁目6番地)

  1. JR京浜東北線・根岸線:関内駅(南口)から徒歩10分
  2. 市営地下鉄線:関内駅(1番出口)から徒歩10分
  3. みなとみらい線:日本大通り駅(1番出口)から徒歩1分

※申込は不要です。直接会場へお越しください。
※駐車場のご用意はありません。公共交通機関をご利用ください。

案内図

開港記念会館の案内図です
会場案内図

当日配布資料(更新しました)

議事要旨(更新しました)

お問合せ先

お問合せ先は以下になります。
景観計画等の手続に関する問合せについて 景観計画の市素案等の内容に関する問合せについて

横浜市都市整備局地域まちづくり部景観調整課
〒231-0005横浜市中区本町6丁目50番地の10
市庁舎29階
TEL:045-671-3470/FAX:045-550-4935

横浜市都市整備局都心再生部都心再生課
〒231-0005横浜市中区本町6丁目50番地の10
市庁舎29階
TEL:045-671-2673/FAX:045-664-3551


(参考)全体スケジュール

素案説明会開催
全体スケジュール

用語解説

◆景観計画
景観法に基づき、地域の景観形成に応じて、区域や良好な景観の形成のための方針、建築物の建築等に対する基準(景観形成基準)等を定めます。区域内において建築物の建築等を行う場合は、横浜市への届出が必要になります。
◆都市景観協議地区
横浜市魅力ある都市景観の創造に関する条例(景観条例)に基づき、区域や魅力ある都市景観を創造するための方針、行為に関する設計の指針(行為指針)などを定めたものです。地区内においては、あらかじめ定めてある方針や行為指針に基づき、事業者と横浜市が創造的な協議を行い、質の高い都市景観の創造を目指します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局地域まちづくり部景観調整課

電話:045-671-3470

電話:045-671-3470

ファクス:045-550-4935

メールアドレス:tb-keicho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:807-449-366

先頭に戻る