このページの先頭です

太陽光発電システム導入ガイド

最終更新日 2021年8月4日

太陽光発電発電設備導入のメリット

【温暖化対策への貢献】
太陽光発電による電気は地球温暖化の原因となる二酸化炭素を出さないクリーンなエネルギーです。例えば、住宅用太陽光発電システムの二酸化炭素削減効果を森林面積に換算すると4kWの太陽光発電約8棟分が、東京ドーム1個分の森林に相当します。

【非常用電源としての活用】
災害などで停電になった場合、太陽光発電を非常用電源として利用することができます。一般的な住宅用太陽光発電システムの場合、使用できる電力は最大1.5kWで、太陽が出ている時間帯の日射量により異なりますが、テレビや炊飯器、電気ポット、携帯電話の充電器などの電源として利用することができます。
また、蓄電池を合わせて導入すれば、太陽が出ていない時間帯においても、蓄電池に電力をためておくことによって、非常用電源として活用することができます。

太陽光発電設備の導入方法

【自費設置】
需要家が自ら設備を購入し、設置する方法です。太陽光発電システムの施工会社と契約し、購入して設置してもらいます。
発電電力は全て需要家のものですので、電力会社と契約して買い取ってもらうほか、自家消費が自由にできます。
メンテナンス費用は需要家が負担します。

【PPA(Power Purchase Agreement)】
需要家がPPA事業者に敷地や屋根などのスペースを提供し、PPA事業者がの発電設備の無償設置と運用・保守を行います。
PPA事業者は発電した電力の自家消費量を検針・請求し、需要家はその電気料金を支払います。

【リース】
設備設置とメンテナンスをリース会社に依頼する代わりに、需要家は月々のリース費用を支払います。
発電電力は全て需要家のものになりますので、電力会社へ販売することも自家消費も可能です。
設置のための初期投資が少ないことも特徴です。

導入フロー

太陽光発電設備設置における一般的な設置フローを示します。

太陽光発電システム導入フロー(PDF:721KB)

施工事業者一覧

神奈川県にて、太陽光発電設備を県民や県内事業者の方々にリーズナブルな価格で安心して設置していただくために、平成23年12月から「かながわソーラーバンクシステム」を運用しています。
施工事業者の選定にご活用ください。

(かながわソーラーバンクシステムホームページ)(外部サイト)

ソーラーマップ

TEPCOフィンテック株式会社が公表するソーラーマップ(サンクル)にて、太陽光発電設備の設置に適した場所が地図上でご確認いただけます。
設置の判断、設置場所の選定にご活用ください。

(サンクルホームページ)(外部サイト)

太陽光発電に関する補助金情報

環境省、経済産業省、神奈川県等において、太陽光発電に関する補助事業が実施されています。
太陽光発電設備の導入検討にご活用ください。

(関東経済産業局ホームページ)(外部サイト)
(神奈川県ホームページ)(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部プロジェクト推進課

電話:045-671-4155

電話:045-671-4155

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-project@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:177-854-712

先頭に戻る