このページの先頭です

令和元年台風第19号による被害を受けた農業者の皆様へ

最終更新日 2019年10月30日

国の補助事業のご案内

台風第19号による被害を受けられた農業者の皆様、謹んでお見舞い申し上げます。
台風第19号による甚大な被害状況に対応するため、国(農林水産省)が台風第19号による農林水産関係への支援策を公表しています。
詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/191025_4.html(外部サイト)


本市で当該支援策を利用される場合の手続き等については、詳細が決まり次第、このページを更新してお知らせします。

台風19号による農業被害の記録(写真撮影等)をお願いします

台風第19号の被害について国の支援策を希望する方は、被災状況を証明する必要があるため、被災した施設やその箇所、サイズ等が分かるように写真等による記録と保存をお願いします。

  1. 撮影年月日が分かるようにしてください。
    • デジタルカメラ等の日付設定が正しく設定されているかを確認して、ズレているときは、正しい日時時刻に直してください。
    • 日付書き込み機能があるデジタルカメラ等の場合は、画像に写しこむように設定してください。
    • 日付書き込み機能がない場合は、撮影の1枚目は、新聞の日付印刷部分や年月日を記載した画用紙などを写りこませてください。
  2. 被災した施設や農業用機械の全景(全体写真)と具体的な被害の場所を撮影してください。
    • 全体のスケール感が分かるように、人物等の比較対象が入った写真も撮影してください。
    • 全景が納まりきらずに連続写真(継ぎ写真)になるときは、重なり位置が分かるようにしてください。
  3. 具体的な被害の場所を撮影する時は、(1)被害箇所が全体のどの位置にあるのか分かるように遠景での撮影、(2)サイズが分かるように、メジャーやノギスを添えた近景での撮影をセットで行ってください。
    • 近景を撮影する際には、ピントの焦点に注意して、数値が判読できるようにしてください。
    • アーチパイプの間隔や支柱の間隔、パイプの径などを特に撮影してください。

必要書類

国の支援策を利用される場合に必要な書類について、詳細が決まり次第、このページを更新してお知らせします。

必要と予想される書類
  • 対象となる取組に係る支払に関係する書類(見積書、図面、発注書、納品書、請求書、領収書等)
  • 罹災証明書
  • その他、確定申告書の写しなど
  • 撤去の場合は上記書類に加えて、マニフェスト

その他の支援制度(関連リンク)

台風第19号で被害を受けた方は、「罹災証明書」を区役所等の担当窓口に提出することなどにより、次のような救済・支援制度等を受けることができます。
詳しくはリンク先に記載されている担当窓口へお問合せください。

このページへのお問合せ

環境創造局みどりアップ推進部農業振興課

電話:045-671-2637

電話:045-671-2637

ファクス:045-664-4425

メールアドレス:ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:217-958-470

先頭に戻る