このページの先頭です

横浜市立動物園の国際交流

最終更新日 2019年3月8日

台北市立動物園とよこはま動物園の連携と協力に関する覚書を締結しました

台北市と横浜市のパートナー都市提携10周年を機に、野生動物及び生物多様性の保全を進めることを目的とした持続的な協力関係(通称:パートナー動物園)を構築するため覚書を締結しました。

覚書調印後の記念撮影の写真
覚書締結の様子(左から林市長、大熊環境創造局長、村田よこはま動物園長、金台北市立動物園長、曽台北市教育局長、柯台北市長)

調印式

  1. 調印日:平成28年10月21日(金曜日)
  2. 場所:台北市政府
  3. 調印:台北市立動物園長、よこはま動物園長、台北市教育局長、横浜市環境創造局長

主な協力分野

  1. 動物園及び野生動物の保全に関する調査・研究に関すること
  2. 効果的な環境保全教育の実施に関すること
  3. 飼育下繁殖などの動物管理及び動物学に関する知識・技術交流に関すること
  4. 生息域外保全を目的とした、飼育動物の交換などに関すること

今後について

具体的な活動内容(交換する動物の種類など)については、今回の台湾訪問中も含めて、今後協議する予定です。

台北市立動物園について

1914年に開園し、飼育種数は約450種3,000点。面積は開園部分だけで90ha(敷地全体は165ha)。園内は台湾動物区、アジア熱帯雨林区、アフリカ動物区など気候帯や環境別に8のエリアに分かれ、その他にも昆虫館、パンダ館、コアラ館、夜行性動物館など屋内展示施設も充実している。

横浜市立動物園との近年の交流実績

平成15年:カンムリシロムク2ペアをよこはま動物園から台北市立動物園へ譲渡
平成18年:オオカンガルー雄2頭を金沢動物園から台北市立動物園へ譲渡

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局公園緑地部動物園課

電話:045-671-4124

電話:045-671-4124

ファクス:045-633-9171

メールアドレス:ks-dobutsu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:259-959-721

先頭に戻る