このページの先頭です

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた公園利用について

 現在、市民の皆様から、「新型コロナウイルス感染症」に関する多くのご意見等をお寄せいただいています。いただいたご意見等については、真摯に受け止め、今後の業務にできる限り反映していきますが、現在、個別にご回答することが困難な状況です。このため、同様のご意見等が多いものについては、「よくあるご意見・ご質問」として、順次公開させていただき、お寄せいただいたご意見等への個別のご回答に代えさせていただきます。何卒、ご理解、ご了承いただきますようお願いします。

最終更新日 2020年5月18日

公園利用について

 緊急事態宣言の発令に伴い、外出自粛を要請していることを踏まえ、公園では、動物園や屋内施設に加え、スポーツ施設など一定数の利用者が集まる屋外施設等を利用休止としています。
 一方で、屋外での散歩などは、生活の維持のために必要なものとして、外出自粛の対象とならないものとされていることや、公園には災害時の避難場所としての機能もあることから、公園自体は閉鎖せず散策等でご利用していただけます。
 公園のご利用にあたっては、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため次のことに十分注意してご利用ください。
 ① 体調が悪い人は利用を控えてください。
 ② すいた時間や場所を選んで利用し、密集・密接しないよう一定以上の距離を取りましょう。
 ③ 利用にあたっては、マスクを着け、遊具等で遊んだ後は手洗い、うがいをしましょう。
 特に、利用の多い複合遊具等公園施設(ベンチ、広場、東屋など)では、混んでいたら利用しない、いつもより短めに使う、独占しないように使う、大声を出さないなどに配慮し、大勢で集まる、少数でも身を寄せ合うような「密集」・「密接」など、感染リスクが高くなる状況を作らないようにしてください。
 また、公園内でのジョギングは少人数で行ってください。

公園内の利用休止している施設について ※休止期間:令和2年5月31日まで

(1) 有料施設
 野球場、運動広場、テニスコート、弓道場、陸上競技場、馬術練習場、体育館、
 ドッグラン、ニュースポーツ広場、バーベキュー場、キャンプ場

(2) 遊具
 ① 大規模な公園について
 比較的広域利用されている大規模な公園(広域・運動・総合公園)にある規模の大きな複合遊具等(全市対象18公園)について、
 混雑(密集・密接)した利用がみられたことから4月25日(土曜日)より利用を休止しています。
 対象公園
 こども自然公園、横浜動物の森公園、岸根公園、根岸森林公園、三ツ沢公園、野毛山公園、本牧市民公園、横浜公園、清水ケ丘公園、
 久良岐公園、海の公園、富岡総合公園、野島公園、長浜公園、新横浜公園、玄海田公園、長坂谷公園、俣野公園

 ② 大規模な公園以外の対応について
 大規模な公園以外の身近な公園等についても、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門会議の提言を受けて、
 以下の対応としています。
 ・混雑が確認されている公園に対し、感染拡大防止のため、利用上の留意点を記載した注意喚起看板等を遊具や公園入口等に貼り、
  周知を行っていきます。
 ・注意喚起看板等で周知した上で、混雑(密集・密接)の状況が確認された場合は、やむを得ず利用休止とさせていただく場合が
  あります。

(3) 駐車場
 公園駐車場は、体に障害のある方や高齢者の方が公園を利用する際に必要であること、さらに駐車場を閉鎖することで、公園周辺の生活道路などに路上駐車や渋滞を誘発させ、公園の近隣住民の生活や公共交通にも支障が生じることを防ぐため閉鎖していません。

(4) 潮干狩り
 海岸は屋外ではありますが、潮干狩りには例年多くの方に訪れていただいており、「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」となることも想定されることから、市民の皆様の命と生活をお守りするため、例年多くの皆様が訪れる横浜市の「海の公園」における潮干狩りにつきましては禁止とさせていただきます。
 また、野島公園での砂浜への進入についても、同様の趣旨から禁止させていただいております。

よくあるご意見・ご質問と回答

問1 外出自粛要請が出ている中で公園を使わせて良いのか。閉鎖しないのか。
(散策してもよいのか)

 緊急事態宣言の発令に伴い、外出自粛を要請していることを踏まえ、公園では、動物園や屋内施設に加え、スポーツ施設など一定数の利用者が集まる屋外施設を利用休止としています。
 一方で、屋外での散歩などは、生活の維持のために必要なものとして、外出自粛の対象とならないものとされていることや、公園には災害時の避難場所としての機能もあることから、公園自体は閉鎖せず散策等でご利用していただけます。
 公園のご利用にあたっては、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため次のことに十分注意してご利用ください。
 ①体調が悪い人は利用を控えてください。
 ② すいた時間や場所を選んで利用し、密集・密接しないよう一定以上の距離を取りましょう。
 ③ 利用にあたっては、マスクを着け、遊具等で遊んだ後は手洗い、うがいをしましょう。
 特に、利用の多い複合遊具等公園施設(ベンチ、広場、東屋など)では、混んでいたら利用しない、いつもより短めに使う、独占しないように使う、大声を出さないなどに配慮し、大勢で集まる、少数でも身を寄せ合うような「密集」・「密接」など、感染リスクが高くなる状況を作らないようにしてください。
 また、公園内でのジョギングは少人数で行ってください。

問2 公園において、新型コロナウイルス感染防止に向けた周知はしていないのか

 全公園を対象に、新型コロナウイルス感染防止を啓発するポスターや利用上の留意点を記載注意喚起看板を順次掲出するとともに、園内放送設備がある局所管公園については、感染防止を啓発する園内放送を実施しています。
 また、管理運営委員会(地元)が管理している多目的広場については、感染防止を啓発するポスターを掲示しています。
 さらに、公園愛護会の活動については、公園愛護会に対して「特に複数が集まる活動について休止するなど最低限の活動としていただく」等のお願いを周知しています。

問3 遊具の使用を禁止しないのか(利用してよいのか)

 緊急事態宣言の下、市民の皆様には不要不急の外出自粛をお願いしているところですが、屋外での散歩などは生活の維持のために必要なものとして、外出自粛の対象とならないものとされていることや、公園には災害時の避難場所としての機能もあることから、公園自体は閉鎖せず散策等でご利用していただいています。
 遊具についても子供の健康維持のため屋外での適度な運動が必要とされていることから、(原則として)利用を禁止せず、マスクの着用や利用後の手洗い等、感染防止対策を行いながらご利用いただくこととしています。
 なお、比較的広域利用されている大規模な公園※にある規模の大きな複合遊具等については、多くの利用者により混雑(「密集」・「密接」)の状況が確認されたことを踏まえ、5/31までの間利用を休止しています。

※比較的広域利用されている大規模な公園:所在区・隣接区以外や、他都市からの利用者も想定される規模の大きさの公園。
 多くは駐車場を備えています。(公園種別:広域公園、総合公園、運動公園)

問4 公園の遊具に消毒はしないのか

 消毒を行う予定はありません。砂場の衛生対策と同様、利用した後は手洗い等の感染防止対策を行うようお願いします。

問5 身近な公園の遊具の利用を休止してほしい

 近隣にお住まいの方の利用を想定している身近な公園については、子供の健康維持のため屋外で適度な運動をすることは必要とされていることなどから原則、利用を休止していません。
 ただし、今後利用上の留意点を注意喚起看板等で周知した上で、混雑(「密集」・「密接」)の状況が確認された場合は、やむを得ず利用休止とさせていただく場合があります。

このページへのお問合せ

環境創造局公園緑地部公園緑地管理課

電話:045-671-2642

電話:045-671-2642

ファクス:045-550-3916

メールアドレス:ks-koenkanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:648-140-775

先頭に戻る