このページの先頭です

自転車のルール・マナーについて

最終更新日 2020年7月8日

自転車のルール・マナーについて

自転車安全利用五則 ※平成19年の法律改正で、保護者が子ども(13歳未満)にヘルメットをかぶらせる努力義務が設けられました。

道路交通法等の一部改正について

令和2年6月30日から自動車の「あおり運転」が、自転車にも適用されます。

あおり運転が自転車にも適用されます。

  平成27年の改正時に危険行為14類型が規定されましたが、あおり運転が「妨害運転」として、新たに危険行為に盛り込まれました。
 3年以内に2回違反した14歳以上の方に、安全運転の講習義務が発生します。
※ 自転車運転者講習の受講命令の要件となる危険行為【15類型】

1.信号無視【法第7条】
2.通行禁止違反【法第8条第1項】
3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【法第9条】
4.通行区分違反【法第17条第1項、第4項又は第6項】
5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害【法第17条の2第2項】
6.遮断踏切立入り【法第33条第2項】
7.交差点安全進行義務違反等【法第36条】
8.交差点優先車妨害等【法第37条】
9.環状交差点安全進行義務違反等【法第37条の2】
10.指定場所一時不停止等【法第43条】
11.歩道通行時の通行方法違反【法第63条の4第2項】
12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【法第63条の9第1項】
13.酒酔い運転【法第65条第1項(法第117条の2第1号に規定するものに限る)】
14.安全運転義務違反【法第70条】
15.妨害運転(あおり運転)【法第117条の2第11号】←令和2年6月30日施行

妨害運転に規定される違反行為
逆走をして進路を塞ぐ
幅寄せ
進路変更
不必要な急ブレーキ
ベルをしつこく鳴らす
車間距離不保持
追い越し違反

改正道路交通法等の一部施行について

平成27年6月1日から自転車の通行ルールが変わりました。

自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備

自転車の運転に関して、信号無視などの一定の危険行為を反復してした者が、更に自転車を運転して交通の危険を生じさせるおそれがあると認めるときは、自転車運転者講習の受講を義務付けることとなりました。受講の命令に従わなかった場合は、5万円以下の罰金となります。(法第108条の2第1項第14号、第108条の3の4及び第120条第1項第17号)
※ 自転車運転者講習の受講命令の要件となる危険行為【14類型】(令第41条の3)

1.信号無視【法第7条】
2.通行禁止違反【法第8条第1項】
3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【法第9条】
4.通行区分違反【法第17条第1項、第4項又は第6項】
5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害【法第17条の2第2項】
6.遮断踏切立入り【法第33条第2項】
7.交差点安全進行義務違反等【法第36条】
8.交差点優先車妨害等【法第37条】
9.環状交差点安全進行義務違反等【法第37条の2】
10.指定場所一時不停止等【法第43条】
11.歩道通行時の通行方法違反【法第63条の4第2項】
12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【法第63条の9第1項】
13.酒酔い運転【法第65条第1項(法第117条の2第1号に規定するものに限る)】
14.安全運転義務違反【法第70条】

道路交通法の一部改正について

平成20年6月1日から自転車の通行ルールが変わりました。
普通自転車の歩道通行について
改定前は、道路標識で指定された場合のみ歩道通行が可能でしたが改定後は以下のようになっています。
○道路標識等で指定された場合
○運転者が13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、体の不自由な人の場合
○車道又は交通の状況から見て、やむを得ないと認められる場合
ただし、警察官が歩行者の安全を確保するために必要があると認めて指示したときは、その指示に従わなければなりません。

このページへのお問合せ

都市整備局 都市交通課

電話:045-671-3512

電話:045-671-3512

ファクス:045-663-3415

メールアドレス:tb-cycle@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:265-561-419

先頭に戻る