このページの先頭です

短期曝露型NOxサンプラー

最終更新日 2019年3月12日

1 短期曝露型NOxサンプラーとは...

「短期曝露型NOxサンプラー」は、大気汚染の 常時監視で用いられている自動測定機ではなく、小型で簡便な測定器(サンプラー)を用いて、大気中の 二酸化窒素(NO2)及び 窒素酸化物(NOx = NO + NO2)の濃度を同時測定する「簡易測定法」の一種です。
この「NOxサンプラー」は、横浜市環境科学研究所が、大気汚染の個人曝露調査などを目的に開発したものですが、NO2の濃度分布調査などにも用いられました。

NOxサンプラーには次の特徴があります。
(1) 安価。
(2) 電気(電池)が不要。
(3) 小型・軽量のため、携帯や設置が容易。

2 測定器の形状

測定器は、下の図1に示す長さ30mm、直径9mmの小さな円筒形のプラスチック製で、円筒形の両側に凹みがあり、そこに捕集材をセットして、NO2及びNOxを同時に測定します。
図2及び図3にNOxサンプラーの構造を示します(捕集材が2セットあります。)。
個人曝露調査などに使用する場合は、NOxサンプラーを図4に示す専用のホルダーにセットして、ホルダーの裏側のクリップで衣服等に取り付けて使用します。
屋外の調査に使用する場合は、NOxサンプラーを図5に示すプラスチック製の雨よけのシェルター内につり下げて使用します。

3 測定原理等

分子拡散の原理を用いた分子拡散方式のパッシブ・サンプラーです。
「短期曝露用拡散型サンプラー」については、 横浜市環境科学研究所のページ(外部サイト)に解説があります。
NO2用の捕集剤としては、トリ・エタノール・アミン(TEA)を用い、NOx用にはTEAと有機酸化剤(2-フェニル-4,4,5,5-テトラメチルイミダゾリン-3-オキサイド-1-オキシル)を用いています。
このサンプラーを毎日交換・回収して、分析し、NO2及びNOx濃度の日平均値を求めます。
また、 一酸化窒素(NO)の濃度は、NOx濃度とNO2濃度の差として求まります。

図1 NOxサンプラーの写真
(左:捕集材を入れ → 中:金網を乗せ → 右:完成)

図1 NOxサンプラー
(左の100円硬貨の大きさと比べています)


図2 NOxサンプラーを構成する部品

図2 NOxサンプラーを構成する部品
(捕集材が2組)


図3 NOxサンプラーの構造

図3 NOxサンプラーの構造


図4 NOxサンプラー(左)を専用ホルダーにセット

図4 NOxサンプラー(左)を専用ホルダーにセット


図5 屋外に設置する場合

図5 屋外に設置する場合

このページへのお問合せ

環境創造局環境保全部環境管理課

電話:045-671-3507

電話:045-671-3507

ファクス:045-641-3580

メールアドレス:ks-kankyokanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:209-665-541

先頭に戻る